4・29国鉄闘争全国運動・岡山総会に集まろう!(ビラ)

パソコンでご覧の方は、以下のアドレスからpdfファイルをダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/20014389/20120429okayama.pdf

外注化・非正規化反対!
闘う労働組合をつくろう
-----------------------------------------
国鉄闘争全国運動・岡山総会
4月29日(日)13:00~16:00
津山市総合福祉会館(津山市役所となり)
記念講演:矢山有作さん(元衆議院議員)
d0155415_1142384.jpg

-----------------------------------------
 1987年の国鉄分割・民営化から25年、国鉄から始まった新自由主義による外注化・非正規化は、1千万人以上の労働者を非正規雇用に突き落としました。
 大恐慌による大失業、安全の崩壊。原発事故。資本主義の大破産の現実の前に、資本家たちは反省することもなく、さらに9割の労働者を非正規化・外注化しようとしています。

 問題は、労働組合です。
 首切りや賃下げに対して、一切闘うことなく資本と一体となっている労働組合本部=労働貴族を打倒し、団結を取り戻そう。
 国鉄闘争を軸に労働組合をよみがえらせよう!
d0155415_11424311.jpg

2012年3月16日ストライキに立つ
-----------------------------------------
①労働運動の後退・労働者の権利喪失の原点となった国鉄分割・民営化攻撃をあいまいにすることなく、1047名の解雇撤回をめざす。
②労働運動の総屈服状況に抗して、全国の労働者の団結、新自由主義攻撃に立ち向かう政治的な力をつくりだす。
③全国の職場・地域に無数の支援・共闘組織をつくることを通して、あらゆる職場・産別・地域から自主的な闘いを組織化する。
④被解雇者の闘いと生活を支える支援基金を募る。
-----------------------------------------
国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動・岡山(国鉄闘争全国運動・岡山)
代表:矢山有作 連絡先:岡山市北区岩田町6-11 090-1186-7088(事務局 内藤大一) http://doronishi.exblog.jp/
-----------------------------------------

非正規職撤廃! 青年労働者は団結して闘おう!

 私はJR岡山駅で契約社員として働いていましたが、2010年3月末で解雇され、現在解雇撤回闘争を闘っています。
 青年の人生と夢を奪う契約社員制度は絶対に認められません。JRは駅業務全体を外注化し、同じ業務にもかかわらず正社員と分断し、さまざまな格差をつけています。そして、メンテックや西日本交通サービスといった下請け会社に駅業務の丸投げ外注化を進めています。
d0155415_1147156.jpg

2010年3月、雇い止め解雇通告に対してストライキに立つ岡山駅の山田副委員長。

JR資本は、青年労働者を使い捨てにするな!

 「契約社員でも正社員への登用制度がある」と言われていますが、これは真っ赤なうそです。実態は、まじめに仕事をしても自動的に正社員になれるわけでもなく、管理職にゴマをすりコネがある契約社員だけが正社員になれるという、とんでもないものです。
 そうして大半は、正社員になれずに自ら辞める、あるいは下請け会社に再雇用され低賃金でこきつかわれるか、病気や自殺に追い込まれます。いったいJRは何人の青年労働者を殺せば気が済むのか!
 岡山駅では、自動改札機の導入以降、過酷な労働条件を強制され続けています。休憩時間が決められてあっても、時間通りの休憩がとれず、トイレに行くのがやっとです。
 そのような中、岡山駅ではとうとう過労で倒れて退職を余儀なくされた人や亡くなった人までいるのです。こんな日常では、安全はおろか、まともに仕事をすることもできず、サービスなんてあったもんじゃありません。

重大事故の原因は、外注化・非正規化にある!

 いまJRは、2005年の尼崎事故や翌年の伯備線事故など、毎日のように事故が頻発する状況です。特に今年に入ってからは、重大事故が続発していますが、JRはまったく責任を取ろうとしません。
 それどころか、JR西日本前社長山崎に対し、尼崎事故の責任はないという無罪判決が出されました。大事故が起きて、たくさんの労働者が死のうとも、「JRには一切責任がない。現場の青年労働者に全ての責任がある」という許せない攻撃です。
 いま駅で働く労働者を、非正規職にし、下請けに外注化し、無人化した結果、利用者が列車にはねられて亡くなるという事故があとを絶ちません。
 最近の駅では、ホームで安全確認をする駅員がいなくなりました。そして、駅には非正規職の青年が一人で、きっぷ売り場も改札もこなすという状況です。事故が起きたらどうするんですか?
 駅の本来の業務は、会社の利益のための営業ではありません。駅は列車を安全に運行させるために重要な拠点です。それを全部破壊して、青年労働者一人に責任を押し付け、会社は責任のがれを平気でする。こんなことがあっていいはずがありません。
 そもそも、青年労働者の雇い止め解雇を前提としている契約社員制度そのものが、おかしいんです。非正規職化は資本による殺人攻撃そのものです。
 契約社員制度撤廃! 事故の責任はすべて会社にある!青年労働者は、団結して闘おう!(山田和広)
d0155415_11465763.jpg

2012年2月、駅業務の外注化反対、非正規職撤廃を掲げ岡山駅をデモ。
-----------------------------------------
■尼崎事故弾劾!4・21全国総決起集会
 4月21日(土)13:00JR尼崎駅北口広場
■反原発・反失業メーデー街頭宣伝
 5月1日(火)18:00岡山駅東口
-----------------------------------------
トラックバックURL : http://doronishi.exblog.jp/tb/15671540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by doro-nishi | 2012-04-04 11:49 | ビラ | Trackback | Comments(0)