本部情報37号

パソコンでご覧の方は、以下のアドレスからpdfファイルをダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/20014389/honbujoho37.pdf

本部情報№37  2011年04月30日

JR尼崎事故6周年弾劾!
事故の責任はJR西日本にある!労働者に一切責任はない!
JR体制打倒へ350人が事故現場へデモ!

 吹き荒れる風雨を突き破って、4月23日(土)、JR尼崎駅北口広場に全国から350人の労働者・学生が結集し、尼崎事故弾劾の現地闘争が闘われた。
2005年4月25日のJR西日本・尼崎事故から6年目の今年の闘争は、動労千葉と国鉄全国運動・関西準備会の呼びかけで開かれ、東日本大震災情勢に立ち向かう新たな国鉄決戦を宣言する集会となった。7波のストライキで2年連続、外注化を阻止した動労千葉の闘いを受け継ぎ、JR体制を打倒し、国鉄分割・民営化との闘いに決着をつける新たな出発点を築いた。(うらへつづく)
d0155415_21294047.jpg

=============================================
5・1メーデー 青年労働者に訴える    副委員長 山田和広

 今年のメーデーは、大失業と原発事故という時代の中で闘われます。私たちは、今こそ生き抜くために団結して闘おうと訴えます。闘う労働組合をよみがえらせて団結しよう!

 連合は、3月11日に発生した東日本大震災を口実に、メーデーを自粛しました。本当に労働者が大変なときに、いっさい闘わない組合なんてありえません。

 今、青年労働者が震災を口実に、すさまじい勢いで解雇されています。運良く仕事にありつけたとしても非正規雇用しかない。しかも、福島第一原発事故による放射能で水・土・空気が汚染され、食べることも飲むこともままならない。黙っていては、本当に殺されてしまいます。

 そもそも原発は、電力会社の下請けの非正規雇用労働者に大量被ばくを強制することによってしか成り立たない、資本家のぼろもうけのためだけにあるのです。政府は、原発がなくなれば電気が足りなくなるとか言っていますが、電気のためといって、被ばく労働を許していいのか!資本家のカネもうけのためだけに、人類を滅亡へ追い込む原発を動かしていいのか!これ以上原発の存在自体許すわけにはいきません。

 原発は、労働者が労働組合で団結して闘えば、廃炉まで何年かかろうと必ずとめることができます。かつて、山口県豊浦郡豊北町(現下関市)に原発が建設されようとしたときに、電産中国という中国電力の労働組合が団結し、地元の人も巻き込んで闘い、建設を中止させました。労働者が本気で団結すれば、原発を廃止することはできます。

 全原発の即時停止・廃止!上関原発建設阻止!震災を口実にした解雇を許すな!岡山・広島で、そして全国で、反失業・反原発の声をあげよう!ともに闘おう!
=============================================

(おもてからつづき)

 冒頭、田中康宏動労千葉委員長が主催者としてあいさつし、「尼崎事故も福島第一原発事故も民営化が引き起こした。24年前の国鉄分割・民営化に絶対にこだわって闘い続ける決意を新たにしよう」「労働組合が闘わなければいけない時に闘わなかった結果が尼崎事故、福島原発事故だ。これに対する回答は、闘う労働組合を絶対によみがえらせるという一点に尽きる」「全国で数百万の労働者が解雇され、大失業時代が到来している。資本と政府と官僚、御用学者、マスコミが一緒になって原発は安全だとうそをついてきた支配の構造に対しても、闘いを準備しなければならない。今日を出発点に、本物の労働組合をつくり出そう」と力を込めて訴えた。

 全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部の武谷新吾執行委員が、「今春闘は、昨年のストライキに対するゼネコンの巻き返しを跳ね返し、大きな成果をかちとった。闘いなくして成果なし、闘いをやめなければ必ず勝つ。国鉄闘争も今がチャンスだ。闘う労組の全国ネットがさらに広がっている。原発問題と国鉄闘争を今年中に解決するという勢いで、ともに闘っていきたい」と連帯のあいさつを行った。

 基調報告に立った国労近畿地本兵庫保線分会の富田益行さんは、「尼崎事故も大津波災害も原発事故もすべて国家と資本の犯罪だ!」と弾劾し、「事故責任を高見運転士に押しつけ、分割・民営化の矛盾を青年労働者に押しつけるJR体制に反合理化・運転保安闘争で反撃し、青年労働者の決起をつくり出そう」と闘いの方針を打ち出した。

 被災地から国労郡山工場支部の橋本光一さんが発言し、「福島では今この時も災害が拡大している。この社会を打ち倒して新しい社会をつくるしかない。安全無視のJR外注化を阻止し、日本中の全原発の廃止・廃炉を目指して闘っていく」と鮮明な闘う決意を明らかにした。

 続いて国鉄労働者が次々と発言。動労千葉争議団の高石正博さん、国労秋田闘争団の小玉忠憲さん、国労小倉闘争団の羽廣憲さんが発言し、羽廣さんは「国労を闘う組合に変え、分割・民営化に決着をつけてJR体制を打倒する」と断言。さらに、動労水戸、動労西日本、国労米子、国労新潟、国労東京の労働者が、青年労働者を組織し労働運動をつくり変える決意を明らかにした。特に国労米子・後藤車両所分会の鷲見貢さんは、4月7日に後藤車両所で起きた1人の労働者がクレーンにはさまれ圧死した労災事故を徹底的に弾劾、「『事故と弁当は自分持ち』などということは絶対に許さない」と戦闘宣言を発した。
d0155415_21341125.jpg

(動労西日本からは大江委員長が8・6ヒロシマ大行動に向け力強いアピール)

 
 動労西日本副委員長のカンパアピール、八尾北医療センター労組の藤木好枝委員長、スタンダード・バキューム石油自主労組の上村敏行執行委員、そして地元兵庫の自治体労働者が次々と決意表明。さらに青年労働者を代表して大阪市職の赤田由行さん、学生からは富山小太郎さんが熱く闘いの決意を語った。

 集会のまとめを提起した全国金属機械・港合同の中村吉政副委員長は、「困難な中で闘い続ける国鉄、動労千葉の闘いがある限り、私たちは必ず勝利する。昨年4月に一定の結論を出した闘争団も、この3月、雇用の行動を中断した。闘いは運動があってこそ成果が上がる。今こそ自分たちの足元、職場、地域から労働組合の旗を掲げ、原発反対、JRに謝罪させる闘いを展開しよう。関西からも6月5日の集会に多数の参加をかちとり、1047名解雇撤回の運動を大きくつくりあげよう。今すぐ原発を止める闘い、被災地労働者と連帯する闘いを必ずや勝利させよう」と訴えた。
 
 集会後、直ちに国鉄労働者を先頭にデモに出発。激しく降り続く雨を突き破り、デモ隊は尼崎事故の現場に向けて意気高くデモをやり抜いた。

 3・11大震災情勢下で闘われた今年の尼崎闘争は、国鉄闘争全国運動6・5大集会の歴史的成功に向かう決定的な出発点となった。
d0155415_21363373.jpg

(集会参加者全員で団結ガンバロー!)
by doro-nishi | 2011-04-30 21:43 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

 4.29沖縄デー闘争に決起。原爆ドーム前で集会。大江委員長のメッセージを代読しました。
 若者の広場「アリスガーデン」まで、繁華街をデモ。多くの市民の注目を集めました。
d0155415_2110566.jpg

by doro-nishi | 2011-04-29 21:10 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

今日は、百万人署名運動の街頭宣伝に参加しました。原発の廃止を訴え、ビラ配りと署名集めをしました。5月1日メーデー反原発デモのビラも一緒に配りました。
d0155415_122653.jpg

by doro-nishi | 2011-04-29 01:04 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

本日岡山では、中国電力岡山支社へ、島根原発の廃止と上関原発の建設中止を申し入れに行きました。岡山労組交流センターと労働組合岡山マスカットユニオンと共同で申し入れを行いました。
しかし、中国電力側は、原発は必要であり、島根原発廃止と上関原発建設中止は考えていないとの回答に終始しました。まったく許すことができません。
5月1日メーデーに、岡山で広島で、そして全国で反失業・反原発のデモンストレーションをやりましょう!
-----------------------------------------------------------------




-----------------------------------------------------------------
中国電力岡山支社 御中

すべての原発の即時停止・廃止を求める申し入れ

(1)
 3月11日の東日本大震災は、巨大地震と津波により3万人近い死者・行方不明者を生み、同時に、福島第一原発は炉心溶融・水素爆発・高濃度放射性物質の拡散という史上最悪の破局を引き起こし、数千万の労働者・農民・漁民の生業と生活の破壊が日々進行しています。大気と海水の放射能汚染はとどまるところなく北半球全域、赤道にまで及び、情報隠しの末ようやく公表した「レベル7」は、「最悪でもチェルノブイリのようにはならない」という政府が吐き続けた大ウソを露わにしました。
(2)
 「日本に、3発目の原爆が落とされたような思いがする。でも今度は、(外国ではなく)日本自身によるものです」と広島の被爆者は語っています。
 核兵器開発の一環として作られた原発です。私たちが眼前にする福島原発崩壊の姿は、原発の完全制御など決してありえないこと、核と人間社会の存立とは絶対に相容れないことを、まさに悪夢のような現実をもって証明しました。もはや「安全神話」など信じる者はいません。
 しかし、政府と資本家は原発推進の姿勢をまったく変えません。「千年に一度の津波に耐えた日本の原発は素晴らしい」(米倉日本経団連会長)、「震災で復興ニューディールが生まれる」(菅首相)に続いて、東芝の佐々木社長は、4月15日、「原発は、環境問題を解決するなお有力な選択肢だ」「2015年までに国内外で39基の原発を受注し、関連売上高を1兆円にする計画は変えない。実際の着工を少し後にシフトさせるだけ」と言い放ちました。
 人類滅亡の危機のただ中にあっても、結局金儲けしか頭にないこんな連中に、原発事故対策も被災地支援も、社会の切り盛りも任せておくわけにはいきません。私たちは人民は生きねばならず、何があろうと生き抜くために闘います。
(3)
 かつて1954年、アメリカのビキニ核実験によるマグロ漁船員の被曝に、日本の人民は、広島・長崎数十万被爆者の苦しみと怒りをともにして、杉並発の原水爆禁止一大国民運動で対決しました。この反戦反核の闘いは60年安保闘争の基礎を築き、1968年原子力空母エンタープライズ佐世保寄港阻止闘争の空前の高揚を生み出し、70年安保・沖縄闘争の扉を押し開きました。
 この連綿と続く日本人民の反戦反核の闘いに襲いかかったのが、正力松太郎・中曽根康弘ら日本核武装論者が、「核の平和利用」を振りかざした原発設置攻撃でした。そして今日、原水禁運動は、東電労組・電力総連・連合の労働貴族らの原発容認・推進方針と、「核兵器と原発は別」というまやかしやオバマ礼賛によって、無方針と混迷に追いやられています。原発会社の言い分を鵜呑みにして住民運動を蹂躙してきた裁判所も同罪です。
(4)
 この世界史的危機を克服できる力は、労働者人民の団結のなかにあると考えます。東北被災地の避難所では、教育労働者・自治体労働者が避難住民とともに物資班や食料班をつくり、話し合いを組織し、団結し、助け合いながら規律を生み出し、避難所自治を築いています。
 がんと白血病の恐怖に抗して戦後66年間生き抜く闘いを続ける広島・長崎の被爆者。永年地元の小学校の給食に使うキャベツを一手に引き受けながら自ら命を絶った福島の野菜農家。「汚染水を海に流すな」とはじめて東電の行為の阻止を叫んだ漁業団体。原発を作らされ、今また被曝による生命の危険にさらされながら作業を強制されている原発労働者。震災を口実に首を切られる数百万の労働者。
 私たちは、これらの一切の無念・悔しさ、不安、そして怒りを一つにして、ただちに立ち上がろうと考え、「すべての原発の即時停止・廃止」を求めます。
 ①「すべての原発の即時停止・廃止を求める」1000万人署名の達成をめざし、②福島での怒りの行動と連帯し、③8・6広島-8・9長崎-8・15の闘いに全力で取り組み、④全国各地の仲間とともに、すべての原発廃止の日まで闘い抜きます。

1、中国電力の運転する原発をただちに停止・廃止すること。上関原発の建設を中止すること。
2、住民および、中国電力で働く労働者(正社員、関連会社社員)を被曝させないこと。非常時の被曝限度の100ミリシーベルから250ミリシーベルトへの引き上げ反対。本人の意志に反して、原発災害派遣を労働者に強制しないこと。

以上を申し入れる。


申し入れに関連する質問事項

1、に関連して。
①中国電力の原発の4月26日現在の稼働状況、計画の状況について。
②「停止」することについての回答および理由。
③「廃止」することについての回答および理由。
④「停止」した場合、4月26日の時点での需要と供給について具体的な数値。
⑤「停止」した場合、夏場の最大需要に対して、火力・水力等の稼働率をあげること、または企業など自家発電からの電力購入など対策を行った場合の需要と供給についての具体的な数値。
⑥「廃止」後の電力計画について、環境庁の試算をふまえた中国電力の今後の風力発電の見通し。具体的計画について。また、バイオマスなど自然エネルギーの見通し、具体的計画について。
⑦上関原発の「計画中止」についての回答および理由。

2、に関連して。
①平常運転時の大気中への放射性物質の放出量についての数値。
②平常運転時の海洋中への放射性物質の放出量についての数値。
③平常運転時の放射線量の数値。島根原発正門前。
④平常運転時の原発で働く労働者(正社員、関連会社社員)の被曝数値。
⑤東日本大震災に関連する中国電力で働く労働者(正社員、関連会社)の災害派遣状況について。何月何日から何人がどこに派遣されているか。計画されているか。
⑥災害派遣されている労働者の被曝限度について、どう考えているのか。
⑦災害派遣される労働者の選定基準はどうなっているのか。業務命令として本人へ強制することはあるか。ないか。

以上、質問する。
2011年4月26日「チェルノブイリデー」

岡山労働組合交流センター(代表・矢田範夫)
国鉄西日本動力車労働組合(副委員長・山田和広)
労働組合岡山マスカットユニオン(委員長・清水久美子)
連絡先 岡山労働組合交流センター 岡山市北区岩田町6-11
               090-1186-7088(事務局 内藤大一)FAX 086-214-3488

------------------------------------------------------------------------------------
5月1日(日)反原発メーデースケジュール

岡山
13時~14時 街頭宣伝(岡山駅東口・ビックカメラ前)
14時     デモ出発(桃太郎大通り→中国電力岡山支店)
主催:岡山県労働組合交流センター
連絡先:事務局・山田和広 岡山市北区岩田町6-11木村方
    電話:090-1325-0414 メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp
    
※同日12時~13時に憲法9条シール投票(岡山駅東口・サンクス前)も行われます。
主催:投票実行委員会

広島
11時~12時 街頭宣伝(広島市中区新天地アリスガーデン・パルコ前西新天地公共広場)
12時     デモ出発(本通り→原爆ドーム前)
主催:反失業・反原発広島メーデー2011実行委員会
連絡先:国鉄西日本動力車労働組合 広島市東区光町1-7-15第一田万里ビル208号
    電話:082-263-6103 メール:doro-nishi@nifty.com
by doro-nishi | 2011-04-27 15:47 | 動画 | Trackback | Comments(0)

 4・26チェルノブイリ事故25周年。中国電力本社に朝ビラ。「中国電力の労働者に訴える!電力労働者こそ原発停止の先頭に立とう。ストライキで山口県豊北原発建設を阻止した、電産中国の闘いを甦らせよう!」と訴えました。
 午後からは、広島連帯ユニオン呼びかけの、中国電力本社前の座り込みに委員長と書記長が参加。「原発なしで暮らしたい」グループも合流。600人以上が中国電力を取り巻いた。一帯は半日「解放区」に。広島県労組交流センター、広島連帯ユニオンの仲間とともに署名、ビラ撒き、マイク宣伝と闘いぬきました。また、抗議にかけつけた上関原発反対の地元の方たちにもアピールし、たくさんの反原発署名が集まりました。
夕方、集会をやって原爆ドームまでデモ行進をしました。
d0155415_211284.jpg

d0155415_2113968.jpg

by doro-nishi | 2011-04-26 21:03 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

4月23日(土)尼崎闘争

d0155415_1626189.jpg

d0155415_1626179.jpg

d0155415_1626213.jpg

今日は、組合員全員で尼崎闘争に参加しました。大雨でしたが、断固集会とデモ行進を貫徹しました。
山田
by doro-nishi | 2011-04-23 16:26 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

本部情報第36号

パソコンでご覧の方は、以下のアドレスからpdfファイルがダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/20014389/honbujoho36.pdf

本部情報36号
2011年4月14日発行

JR西日本米子支社・後藤総合車両所での労災死亡事故弾劾!
一切の責任はJR西日本にある!労働者に一切責任はない!
安全無視の丸投げ外注化を直ちにやめろ!


4月7日、JR西日本米子支社・後藤総合車両所において労災死亡事故が発生した。、
事故は、台車検修場という大型クレーン(天井クレーン)を使う建屋の中で発生した。それは、JR西日本会社の労働者が地上から遠隔操作する天井クレーンの稼働ゾーンの内側で、下請け会社(後藤工業)の労働者が「台車部品塗装装置」という別の機械の点検作業をしていた中で起こった。JR西日本会社は、この2種類の作業の同時並行に伴う危険を回避する措置(クレーンの一時使用禁止、事故予防に不可欠の作業責任者の配置、etc)を一切とらず、作業安全確保の責任を頭から放棄して、危険な作業を現場に命令した。その結果、塗装装置の屋上に登って作業していた後藤工業の労働者が、移動してきた天井クレーンとの間に挟まれて、亡くなったのだ。
 このようなJR西日本会社のデタラメ(安全無視)が、労働基準法違反、労働安全衛生法違反、クレーン等安全規則違反、etcの犯罪であることはいうまでもない。何よりも、金儲けがすべてのJR会社の外注化施策による安全無視ー安全破壊にこそ、今回の事故の根本原因がある。
JR西日本の金儲けがすべて・安全無視の丸投げ外注化施策によって、鉄道の安全ー職場の安全が切り捨てられてきた結果、起こるべくして起こったものだ。事故の原因と責任の一切は、無謀危険な作業を現場に押し付けたJR西日本にある。
 6年前の尼崎事故は、「稼ぐ」ことを一切に優先して、安全対策をないがしろにしたJR西日本の経営施策が引き起こしたものだ。
d0155415_21305434.jpg

JR西日本の安全無視の丸投げ外注化によって労働者が殺された後藤総合車両所の現場
~天井クレーンと台車部品塗装装置の間の矢印のところに、亡くなった労働者は挟まれた。クレーンはペンダントで地上から操作しており、死角になっていた。全ての責任は業務を外注化して、安全対策を怠ったJR西日本にある。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


5年前の伯備線死傷事故は、JR西日本が線路閉鎖や両側見張りという保線作業の基本をないがしろにした安全無視の結果だった。今回の後藤総合車両所の事故は、JR体制の全領域にわたって安全崩壊が音を立てて進んでいる恐るべき現実を示して余りある。  金儲けだけしか考えないJR会社幹部とその手先である御用組合幹部連中によって、職場の安全が破壊されてきた結果の事故多発の中で、労働者が次々に殺され、事故の責任を押し付けられ、人生を奪われてきたのだ。このままでは、第2・第3の尼崎事故が必ず起きる。
 全ての労働者は、今こそ、立ち上がろう。正規・非正規・本工・下請けの分断を打ち破って、ともに手を携え、団結して闘おう。闘わなければ、殺される。

d0155415_21161525.jpg

新入社員に訴える山田副委員長(4月1日、大阪・本社前)

 動労千葉は「闘いなくして安全なし」のスローガンのもとに団結し、JR会社の外注化攻撃を実力(ストライキ)で阻止し、闘う労働運動の前進を切り開いている。「国鉄分割・民営化反対、1047名解雇撤回」を24年にわたってつらぬき、国鉄闘争全国運動の発展の最先頭で奮闘している。今、動労千葉には青年労働者が次々と加盟して、青年部結成にむかって大きく飛躍しようとしている。このような動労千葉の闘いに続こう。会社・当局・資本の奴隷=御用組合幹部と対決し、連中を叩き出して、労働組合を現場の手にとりもどそう! 青年を先頭に、労働運動をよみがえらせよう!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JR西日本の新入社員に共に闘うことを訴え、歓迎宣伝行動に決起!

 JR西日本は、4月1日の入社式を9時と11時の2回に分けて大阪の本社ビルで行ないました。JR大阪駅から、一隊20名のグループの前と後ろに当局がついて、「護送船団」方式で引率されてくる新入社員に向って、動労西日本・山田副委員長がマイクを握って訴えました。

 JR西日本は、東日本大震災で部品が手に入らないため、列車の運転本数を減らすと言っています。(通常運転を再開しましたが長期的な確保のめどはたっていません。)
 しかし真の原因は、地震や古い車両を使用していたことではなく、必要なときだけ必要な労働者・部品を用意すればいいというやり方(トヨタの「カンバン方式」)を押し進めてきた結果なのです。
 1987年の国鉄分割民営化でJRが発足する前は、非常事態が起きても対応できるように、労働者や部品を十分に配置していました。ところが、国鉄分割民営化でJRになってからは、外注化(アウトソーシング)・非正規化の攻撃のもと、極限的な合理化が行われ、ついに列車がまともに動かせないところに行き着いたのです。

 山田副委員長は、青年の闘う団結だけが、この社会を変えることができる、動労西日本・動労総連合に加入してともに闘うことを訴えました。
d0155415_2118722.jpg

入社式へ向かう新入社員(4月1日、JR大阪駅前)
by doro-nishi | 2011-04-22 21:31 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

d0155415_9573330.jpg

今朝は、岡山機関区で、本部情報とビラと署名用紙を配りました。今日は、スーツ姿の新入社員が機関区に結集してました。新入社員の仲間と団結して闘おう!
山田
by doro-nishi | 2011-04-20 09:57 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

5・1メーデー

5月1日(日)反原発メーデースケジュール

岡山
13時~14時 街頭宣伝(岡山駅東口・ビックカメラ前)
14時     デモ出発(桃太郎大通り→中国電力岡山支店)
主催:岡山県労働組合交流センター
連絡先:事務局・山田和広 岡山市北区岩田町6-11木村方
    電話:090-1325-0414 メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp
    
※同日12時~13時に憲法9条シール投票(岡山駅東口・サンクス前)も行われます。
主催:投票実行委員会

広島
11時~12時 街頭宣伝(広島市中区新天地アリスガーデン・パルコ前西新天地公共広場)
12時     デモ出発(本通り→原爆ドーム前)
主催:反失業・反原発広島メーデー2011実行委員会
連絡先:国鉄西日本動力車労働組合 広島市東区光町1-7-15第一田万里ビル208号
    電話:082-263-6103 メール:doro-nishi@nifty.com
by doro-nishi | 2011-04-19 17:13 | スケジュール | Trackback | Comments(1)

d0155415_14595633.jpg

今日は、組合員全員で、動労総連合第25回定期中央委員会に参加しています。
山田
by doro-nishi | 2011-04-17 14:59 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)