「ほっ」と。キャンペーン

d0155415_11141296.jpg

岡山地裁前で、裁判員の選任手続きを前に、街頭宣伝をしました。
山田書記長は、裁判員制度廃止を訴えました。
by doro-nishi | 2013-06-28 11:14 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_16312950.jpg

d0155415_16312971.jpg

今朝は雨降りでしたが、ビラ配りを始めるときにパッと雨が上がりました。
本部情報と「全原発廃炉!核をなくせ!7・7岡山集会」のビラを配りました。
多くのJR乗務員が受け取ってくれました。
by doro-nishi | 2013-06-24 16:31 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

職場討議資料

レールテックをJR西日本直営にしろ!
闘う労働組合に団結すれば勝利できる!


賃金破壊・雇用破壊・安全破壊の
 「外注化・非正規化」を粉砕しよう!


以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/railtecsyokubatougisiryo.pdf
by doro-nishi | 2013-06-13 23:59 | アピール | Trackback | Comments(0)

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho85.pdf

本部情報85号 2013年6月12日発行

6・9国鉄闘争全国運動集会に1800名
~国鉄闘争の正念場を迎え
  4カ月間決戦へ総決起を!


「国鉄闘争30年の歴史の中で最大の正念場を迎えた。持てるすべての力を尽くして4カ月の決戦を闘おう!」――国鉄闘争全国運動が呼びかけた6・9全国集会が、東京・文京シビックホールを埋める1800人の結集で大成功をかちとった。
 今年前半の職場生産点における豊かな実践と大前進をひとつに結集するとともに、動労千葉鉄建公団訴訟判決日である9月25日までの4カ月間決戦に一丸となって突入する総決起集会となった。
 司会は全国金属機械労組港合同の木下浩平さんと東京西部ユニオンの青年女性労働者という若い2人の労働者が務めた。開会あいさつに立った呼びかけ人の花輪不二男さん(世田谷地区労顧問)が、改憲と戦争、沖縄新基地建設、総非正規職化に突き進む安倍政権を火の出るようなアジテーションで弾劾し、集会は一気にヒートアップした。
 連帯あいさつは、全国運動結成から一貫して連帯を重ねてきた全国一般東京ゼネラルユニオンの代表と、決戦の三里塚からかけつけた北原鉱治反対同盟事務局長が行った。北原さんは、判決が目前に迫った市東さん農地裁判の勝利に向け7・14三里塚全国集会(千葉市)への大結集を強く呼びかけた。さらに、呼びかけ団体である全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部の西山直洋執行委員、呼びかけ人の伊藤晃さん(日本近代史研究者)、金元重さん(韓国労働運動史研究家)が、それぞれの立場から階級的労働運動の復権にむけた熱い訴えを行った。

国鉄闘争の火をもっと大きく!

 動労千葉からの報告に立った田中康宏委員長は、『民間活力の爆発(=全面民営化だ!)』をキーワードとする安倍「成長戦略」を怒りを込めて弾劾し、「国鉄分割・民営化以降26年にわたって展開されてきた新自由主義政策の正体はもう誰の目にも明らかだ。すべては日本政府と財界による労働者への全面戦争だった。このことを本当に暴き出し、これに決着をつけたときに逆転が始まる。」と述べ、現在の攻防の中で国鉄闘争が持っている巨大な可能性をあらためてはっきりさせた。そして、この1年間の1047名解雇撤回闘争の大きな前進を報告し「情勢は可能性に満ちている。9月25日までの4カ月間にこれまでの努力のすべてを注ぎ込もう。この闘いの中で、全国のあらゆる職場に無数の闘う労働組合を復権しよう。今日の集会をその出発点にしよう。」と熱烈に呼びかけた。

6・9集会で発言する動労千葉の田中委員長
d0155415_2322177.jpg


=================================================

赤松副委員長の発言

みなさんこんにちは!!動労西日本の赤松です。動西日本は今13春闘で5波のストライキを含む6波の争議行動を展開しました。仲間とともに団結して闘い俺は外注会社レールテックからJR原職復帰を闘い取りました。大事なことなのでもう一度言います。俺たちは要求を資本から闘い取りました。彼らに俺たちは資本の悪辣な真実をあばき、外注会社レールテックに全労働者への未払い残業代を支払わせました。
JR西日本は外注会社レールテックでの組織化と、組織化よる動労西日本の組織拡大を非常に恐れました。
動労西日本の勢いを恐れています。
そして外注会社の青年労働者は気づき始めています。正社員なのに、このままでは結婚できない。結婚しても子どもがつくれない。この現実が誰のせいなのか。なぜ自分たちはこんな理不尽な目に会わなきゃいけないのか。そして、全てを取り戻すには俺たちの闘う労働組合に結集して闘うしかないことに気づき始めています。
外注会社の労働者を組織し外注会社を丸ごと粉砕してJRの外注化を粉砕するしかないってことに気づき始めています。
先輩たち!!もう少しです。もう少しで俺たちは動力車のように国鉄から日本の労働運動を牽引していけるところまできています。だからこれからもカッコいいところを見せ続けてください。そしてともに闘おうではありませんか。

6・9集会で発言する動労西日本の赤松副委員長
d0155415_2322795.jpg





 動労千葉鉄建公団訴訟が重大局面を迎える中で、特別報告に立った葉山岳夫動労千葉弁護団長は、昨年6月29日の一審判決と、控訴審で提出した新証拠の意義をわかりやすく解き明かし、「弁護団は最後の勝利の日まで徹底的に闘う。」と宣言した。
 参加した動労千葉争議団・国労闘争団・弁護団が全員登壇すると、会場の熱気はさらに高まった。動労千葉争議団の高石正博団長は「9月25日の判決日までになんとしても10万筆の署名を集め、大反動をひっくり返そう」と述べ、同じく中村仁さん、国労秋田闘争団の小玉忠憲さん、国労小倉地区闘争団の羽廣憲さんも揺るぎない決意を明らかにした。争議団・闘争団の燃えるような決意に参加者全員が聞き入り、割れるような拍手でともに闘い抜く決意を示した。さらに、「解雇撤回・JR復帰」の10万筆署名の呼びかけを自交総連北海道地連の杉本一郎書記長が行い、さらに署名呼びかけ人からの心のこもったメッセージが読み上げられた。
 集会のもう一つのハイライトは、外注化粉砕・大幅賃下げ阻止に向けた現場からの決意表明だ。動労千葉幕張支部の山田護支部長、動労千葉貨物協議会の佐藤正和議長、動労水戸の石井真一委員長、動労西日本の赤松賢一副委員長、弁護団の森川文人弁護士が次々とマイクを取った。なんとしても組織拡大を実現し、JR資本による外注化攻撃を打ち砕くまで闘い抜く鮮明な決意が示された。この1年間の激闘と前進を踏まえ、攻撃への怒りとともに勝利への確信と展望が伝わってくる発言だ。

被災地・反原発・改憲阻止・沖縄

 さらに、ふくしま共同診療所の医師、仙台市役所・動労千葉を支援する会の引地真理子さん、憲法と人権の日弁連をめざす会事務局長の武内更一弁護士、呼びかけ人である宮城盛光北中城村議(元全軍労牧港支部)が発言。
 最後に職場からの報告と決意として、国労郡山工場支部の橋本光一さん、呼びかけ人である愛媛県職労の宇都宮理委員長、大阪市職の赤田由行さん、東交の労働者、東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会を先頭とする合同労組の仲間、全学連の斎藤郁真委員長、動労千葉青年部の滝厚弘副部長が決意を述べた。自治体を始めとする職場生産点からの闘いが、力強く始まっていることを示した。
 集会宣言を動労千葉を支援する会の山本弘行事務局長が読み上げて全体の拍手で採択。閉会あいさつで呼びかけ人の入江史郎さん(ス労自主委員長)は、「国鉄闘争は今なお生き生きと闘い抜かれている。この闘いこそ労働者の未来を切り開く。」と述べ、集会を締めくくった。全金本山労組の長谷武志副委員長の音頭で団結ガンバロー、動労西日本の大江照己委員長のリードでインターナショナルを大合唱し、圧倒的な高揚感のうちに集会を終えた。

大江委員長のリードで合唱
d0155415_23221228.jpg


===============================================
動労西日本組合規約抜粋(2013年1月20日改正)

  第3条 この組合は日本国有鉄道の承継法人たる、西日本旅客鉄道株式会社
を中心に、東海旅客鉄道株式会社、四国旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株
式会社及び同エリア内に存する日本貨物鉄道株式会社並びにそれらの関連企
業の労働者で組織する。(職種・雇用形態は問わない)
 但し、前記以外の労働者であっても執行委員会の決議をもって組合員となる
ことができる。

===============================================

              (動労西日本・連絡先)

本部書記局:広島市東区光町1-7-15-208/携帯(090)7371-3107[野口照生]
メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp

岡山連絡所:岡山市北区岩田町6-11/携帯(090)1325-0414[書記長・山田和広]
       メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp(携帯からのメールのみ受信)
       パソコンメール:doro.nishi@gmail.com(パソコンからはこちらへ)

近畿支部(準備会):大阪市西成区山王1-1-10-807/携帯(090)8120-9007[樫村厚]
    メール:fc.barca@ezweb.ne.jp

 動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)
最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。
by doro-nishi | 2013-06-12 23:17 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

赤松副委員長が、外注化粉砕闘争の報告と決意を発言しました。
d0155415_15223148.jpg


大江委員長が、インターナショナルのリードをしました。
d0155415_199207.jpg


以下のリンクから、集会の動画を見ることができます。
http://youtu.be/egDl0vOF4Hw
by doro-nishi | 2013-06-09 15:22 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

広島・テグの「労働者の非正規化」をめぐる労働組合の取り組みと実践課題と題した意見交換会に参加し、山田書記長が発言をしました。

鉄道労働者から提起。日本からは、山田書記長が提起しました。
d0155415_19254123.jpg


医療・福祉労働者から提起。日本からは、広島連帯ユニオンが提起しました。
d0155415_19254560.jpg


会場の様子
d0155415_19253633.jpg

by doro-nishi | 2013-06-05 22:25 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_21252034.jpg

6月3日、赤松副委員長がJR本体に復帰して初の出勤日。外注化粉砕の第一歩を切り開いた。闘いはこれからだ。
動労西日本は、全面外注化粉砕を勝ち取るまで闘い抜く。
by doro-nishi | 2013-06-03 21:32 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)