「ほっ」と。キャンペーン

d0155415_316570.jpg

d0155415_3161598.jpg


岡山駅前で、国鉄闘争全国運動岡山の主催で街頭宣伝を行い、1047名解雇撤回・JR復帰を求める10万筆署名を集めました。
岡山県内のある労働組合の方が署名用紙を持ち帰り、分会で集めると言ってくれました。
また、NTTの労働者も署名に応じてくれました。
by doro-nishi | 2013-08-29 23:15 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/yamadashien1.pdf

山田くんを支える会ニュース1号 2013年8月19日発行

岡山地裁での裁判始まる

 JR西日本を直接相手取った、山田解雇撤回裁判(民事訴訟)が始まりました。
これまでは、中央労働委員会を相手取った、JRは不当労働行為を認め、解雇を撤回しろという裁判(行政訴訟)だけでした。契約社員制度そのものを争う裁判闘争として、岡山での裁判闘争を展開していきます。次回の公判日程は以下の通りです。傍聴への結集をよろしくお願いします!

第2回公判日程

9月17日(火)13:30~

岡山地裁207号法廷


d0155415_174207.jpg

8・5国鉄集会で発言する山田くん


職場内ビラまきに対する「訓告」処分問題

 今回は、JR西日本が山田くんの雇い止め解雇理由としてあげている、ビラまき「訓告」処分問題について、陳述書からの抜粋を掲載します。

 職場内で、組合のビラを社員に手渡したことを理由に、同年11月5日に訓告処分を受けた。しかし、この訓告処分は労働組合としての正当な活動に対する不利益取扱い(労働組合法7条1号)であると、岡山地方労働委員会でも中央労働委員会でも認められた。
 ビラ3枚程度を宛名のない封筒に入れ、その封筒を2,3人分用意して、一人ずつ手渡しにより配布したものであり、ビラを手渡す際に相手に封筒の中身を見せたり、相手がビラをいらないと言った場合には、持ち帰ったりして相手方の意思を尊重して行っており、駅社員がビラを受け取るかどうかは全く各人の自由に任され、それを閲読するかあるいは廃棄するかは各人に任されていた。

 ビラの内容は、動労西日本が参加を予定していた集会への参加を呼びかけ、国鉄分割民営化の際に解雇された1047名の国労組合員の問題に関する動労西日本の運動方針や政治的立場、他の労働組合の運動方針への批判等が記されたものであり、違法不当な行為をあおり及びそそのかす等の内容を含むものではないし、ことさらに虚偽の事実を記載したり個人を誹謗中傷するような労働組合の正当な行為を逸脱するものではない。また、一部に政治的な主張と捉えられる表現も見受けられるが、そのほとんどは社会情勢及び国の政策について動労西日本の運動方針や労働条件との関連を指摘して動労西日本の見解及び評価を記載したものであった。

=================================================
事務局連絡先

岡山市北区岩田町6-11木村方

電話 090-1325-0414

メール doro.nishi@gmail.com
by doro-nishi | 2013-08-19 17:02 | 山田解雇撤回裁判闘争 | Trackback | Comments(0)

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho90.pdf

本部情報90号 2013年8月18日発行

8・6祈念式典安倍に怒りのシュプレヒコール!
「8・6ヒロシマ大行動集会」が1250人の結集で大成功!


安倍と中国電力に怒りをたたきつける!

 8月6日早朝、「被爆68周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会」が呼びかけた集会とデモで、全国、全世界の怒りが安倍と中国電力にたたきつけられた。
「安倍首相の式典出席弾劾!」「松井市長は恥を知れ!」平和公園での記念式典で、式台に歩み寄ろうとした安倍を怒りのシュプレヒコールが射抜いた。原発の再稼働と輸出を強行しようとする安倍。「原爆と原発は別」と言い放ち、安倍を式典に引き入れた松井市長。

d0155415_16514967.jpg

デモで安倍を痛撃

 ヒロシマとフクシマ、反核と反原発の闘いを分断し、踏みにじることなど許さない。
 原爆ドーム前から繰り出したデモ隊は、式典会場の対岸いっぱいに陣取り、繰り返し安倍に弾劾のコールを浴びせた。公園内にはうなずきながら静かに見守る人もいた。
 平和大通りからは一転して、リズミカルな太鼓の音が響きわたった。中国電力に向けたデモだ。「島根原発の再稼働をするな!」「上関に原発を造るな!」路面電車からも車からも市民の熱い注目が集まる。中国電力ビルを一周したデモ隊は、正面玄関前の歩道を埋め、シュプレヒコールをあげた。その数と迫力に警察権力はなすすべもない。

d0155415_16514744.jpg

中国電力に怒りをたたきつける


d0155415_16514583.jpg

 8・6ヒロシマ大行動共同代表の、大江照巳動労西日本委員長が、中国電力への申し入れ書を読み上げた。
(写真上)

 すぐそばで情宣をしていた福島県浪江町・希望の牧場代表の吉沢正巳さんも合流し、電力資本を徹底弾劾した。

 核と原発は同じ、被爆と被曝への怒りは一つだ。安倍首相と松井市長の目論見は完全にうち砕かれた。

d0155415_16514342.jpg

原爆ドーム前で決意を述べる、百武広大自治会委員長




闘う労働組合がけん引!
8・6ヒロシマ大行動が歴史的な成功勝ち取る!


被爆68周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会主催による「8・6ヒロシマ大行動大集会」が8月6日午後、広島県立総合体育館小アリーナにおいて1250人の結集で行われ、その後の市内デモと合わせ、大成功をおさめた。前日の「再稼働阻止・全原発廃炉 ヒロシマ世界大会」と、当日早朝から行われたヒロシマ・アピール集会―安倍首相の式典出席抗議デモの高揚感がそのまま持ち込まれ、会場は集会開始前から早くも解放感と熱気でいっぱいだ。

d0155415_1651412.jpg

8・6ヒロシマ大行動集会

 12時30分、集会が始まった。まず、8・6ヒロシマ大行動共同代表でセイブ・ザ・イラクチルドレン広島代表の大江厚子さんが開会あいさつを行い、「ヒロシマの被爆者の訴え」に高陽第一診療所の患者団体である「ひまわり会」の山口元さん、被爆者で8・6ヒロシマ大行動共同代表の下田禮子さんが立った。
 続いて基調報告だ。参加者の熱い視線と拍手の中、広島大学学生自治会を建設し、委員長に就任した百武拓さんが登壇した。百武さんは開口一番、「私は被爆者の闘いを継承し、このヒロシマ闘争を学生が最先頭で闘うため、そして新自由主義に対する学生運動の大高揚をつくり出すために、広島大学に自治会を建設しました!」と若いエネルギーをはち切らせて報告。 NAZENヒロシマの若いメンバーからのカンパアピールに続き、アメリカの著名な社会派反戦シンガーのデビット・ロビックスさんが歌を熱唱した。続いてゴアレーベン核廃棄物処分場反対闘争をともに闘っているドイツの青年が登場し、決意を表明した。
 フクシマとともに放射能から命を守る医療・保養・避難の取り組みを、福島の女性、ふくしま共同診療所医師の杉井吉彦さん、8・6ヒロシマ大行動共同代表でNPO法人よもぎのアトリエの室本けい子さんが報告した。
 安倍政権の原発再稼働、改憲攻撃と闘っている仲間が発言に立った。愛媛県職員労働組合委員長の宇都宮理さんは「ストライキで闘おうという機運が高まっている。伊方原発の再稼働を絶対に阻止する」と高らかに決意を表明。島根人類愛善会会長でNAZEN呼びかけ人の松浦武生さんは「これからも反戦・反核・反原発で頑張りましょう」と呼びかけた。
 続いて、広島の青年労働者のアピールだ。最初に倉澤憲司さんへの「8・6処分」撤回闘争で団結を固めてきた広島の教育労働者3人が登場した。続いて広島連帯ユニオン草津病院支部の3人の仲間が登場。女性労働者と中山崇志委員長が決意を表明した。

 青年を先頭に明るく気合いのこもった発言が続き会場が熱気に包まれる中、動労千葉の田中康宏委員長が登壇した。田中委員長は「今、必要なことは腹の底からの怒りだ!」と安倍政権の原発再稼働、改憲、戦争攻撃に怒りをたたき付け、「この国の政府は腐っている。打ち倒さなければならない」と鮮明に提起。そのためにも政府の手先になっている連合本部を打倒し、闘う労働組合をつくり上げようと語り、「国鉄闘争の20年間の闘いはすべてをひっくり返すところに来ている」と、一段と声を張り上げ、11月3日全国労働者総決起集会への大結集を訴えた。

 最後に、8・6ヒロシマ大行動共同代表で動労西日本委員長の大江照己さんが閉会あいさつを行い、「団結ガンバロー」で集会を締めくくった。
 ただちに広島市内デモに出発。広島市の繁華街を通るデモはどこでも労働者民衆の注目の的になった。
 闘う労働組合を作り、安倍政権を打倒して労働者民衆の社会をつくろうの声は、今や誰も押しとどめることのできない奔流となったことを確信できた。
d0155415_16513923.jpg

広島市内デモ

=================================================
              (動労西日本・連絡先)

本部書記局:広島市東区光町1-7-15-208/携帯(090)7371-3107[野口照生]
メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp

岡山連絡所:岡山市北区岩田町6-11/携帯(090)1325-0414[書記長・山田和広]
       メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp(携帯からのメールのみ受信可能)
       パソコンメール:doro.nishi@gmail.com(パソコンからはこちらへ)

近畿支部(準備会):大阪市西成区山王1-1-10-807/携帯(090)8120-9007[樫村厚]
    メール:fc.barca@ezweb.ne.jp

 動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)
最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。
by doro-nishi | 2013-08-18 18:42 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho89.pdf

本部情報89号 2013年8月18日発行

再稼働阻止・全原発廃炉へ
 8・5ヒロシマ世界大会開く!


動労水戸と国労郡山工場支部が被曝労働拒否の闘いを報告~動労水戸のストライキが国労郡山工場支部の闘いに引き継がれた!

 8月5日午後3時から広島市中区のアステールプラザ中ホールで、「再稼働阻止・全原発廃炉・ヒロシマ世界大会」が、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)と、「被爆68周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会」の共催で開かれた。全世界から核と原発に反対して闘っている労働者民衆650人が結集し、画歴史的な集会となった。
 第一部は、「ヒロシマ・ナガサキ・フクシマから」と題して、ヒロシマから被爆二世で8・6ヒロシマ大行動共同代表の中島健さんが、ナガサキからNAZENナガサキの城臺美彌子さんが、フクシマから3・11反原発福島行動メモリアルデー・ふくしま共同診療所運営委員の椎名千恵子さんがそれぞれ発言した。
 第二部は、「再稼働阻止・全原発廃炉へ闘う現地から」と題して、四国電力の伊方原発を抱える愛媛県で労働組合として原発反対を闘っている愛媛県職員労働組合副委員長の中村圭司さんと、建設中の大間原発を阻止し続けている青森県の大間現地から小笠原厚子さんが発言。
 第三部は、NAZEN事務局長の織田陽介さんによる基調報告だ。織田さんは、参院選挙での山本太郎さんの勝利に向けともに闘った経験を踏まえ、その勝利の総括を全面的に提起した。
 カンパアピールをはさんで、第四部は、集会のメインとなる国際連帯だ。最初はアメリカから著名な社会派反戦シンガーのデビッド・ロビックスさんが登場。ロビックスさんは、原爆に対する悲しみと怒りを歌った「ヒロシマ」や反原発の歌など3曲を披露した。
 続いて、ドイツからゴアレーベン核廃棄物処分場反対闘争をともに闘っているドイツの青年が登壇し、ゴアレーベンの闘いと並んで、ドイツのグローンデ原発反対闘争が道路を封鎖する実力闘争として闘われていることを、写真を投影しながら説明した。「ドイツ人は原子力ムラはどこにでもある、国際連帯は非常に重要だと思っている」と強調し、「団結ガンバロー」でしめくくった。さらに、韓国から急きょ参加した投機資本監視センター共同代表のイデスン弁護士とホンソンジュンさんが登壇し、イデスンさんがアピールを行った。「民衆の敵は相手国の民衆ではありません。民衆の敵は帝国主義者どもです」と国境を越えた団結の意義を強調、最後に排外主義の強まりに対して「韓国と日本の民衆は、帝国主義者の巧妙な分裂策を果敢に粉砕し、連帯しなければなりません」と、国際連帯を訴えた。
 そして「国際連帯の島・沖縄」から全世界の労働者へと題して沖縄北部合同労組委員長の富田晋さんが、沖縄の闘いとヒロシマの被爆者の闘いが一体であり、国境を越えた闘いが労働運動を基軸に重要なことを訴えた。
 第五部は、「被曝労働阻止・全原発廃炉へ闘う労働運動から」と題して、元原発労働者で元全日本運輸一般労働組合原子力発電所分会長の斉藤征二さんの報告、動労水戸委員長の石井真一さんから被曝労働阻止のストライキ報告、国労郡山工場支部の橋本光一さんによるJR郡山工場で開始された被曝労働拒否の闘いの報告、動労千葉執行委員の川崎昌浩さんによる新自由主義を打ち破り階級的労働運動を進める動労千葉の闘いの報告が次々に行われた。
 最後に閉会のあいさつを、NAZENよびかけ人で弁護士の鈴木達夫さんが行った。そして、団結ガンバローを行い、翌日早朝からの闘いへの結集を誓い合って、画期的な集会を終えた。

d0155415_16353883.jpg

被曝労働阻止のストライキ闘争報告をおこなう、動労水戸の石井委員長


d0155415_16353564.jpg

参加者全員で団結ガンバロー!




国鉄労働者交流集会を開催!

 8月5日、12時30分から、アステールプラザ中会議室で、国鉄労働者交流集会を開催した。全国から50人が結集し勝ち取られた。司会は、動労西日本の岡崎昭夫さんがつとめた。開会の挨拶を、動労西日本の大江委員長がおこなった。
 基調報告を、動労西日本山田和広書記長が元気よくおこなった。「国鉄4か月決戦の大進撃が始まった。1047名解雇撤回の10万人署名運動が圧倒的に拡大し、発展している。外注化阻止・非正規職撤廃の闘いを、組織拡大を核心として闘おう。動労水戸と国労郡山工場支部の被曝労働拒否の闘いが国鉄決戦をいまひとつ新しい段階に押し上げた。そして、参院選での山本太郎さんの勝利は、9・25反動判決阻止に向けた国鉄決戦の巨大な展望を切り開いた。反合理化・運転保安闘争路線で断固闘おう。」と提起した。

d0155415_16353348.jpg

基調報告をする山田書記長

 基調報告の最後に、「9・25反動判決粉砕の10万人署名運動を貫徹し、外注化・非正規化粉砕へ組織拡大闘争で勝利しよう!国鉄決戦で拠点を打ち立て、11・3労働者集会の大結集を実現しよう!」と方針を打ち出した。
 続いて特別報告だ。動労千葉執行委員の川崎昌浩さんから「真実は暴かれた。国鉄改革の全てが不当労働行為だった。9・15全国集会へ総決起を!」と訴えた。
 集会の後半は、各職場から闘いの報告と決意表明だ。動労水戸の石井真一委員長と国労郡山工場支部の橋本光一さんから、被曝労働拒否の闘いについての報告を受けた。動労千葉の幕張支部からは、外注化との闘いについて。国労原告団の羽廣憲さんから、国鉄1047名解雇撤回への決意が述べられた。新潟、近畿、米子の仲間から、それぞれ発言を受けた後、JR貨物の職場から動労千葉貨物協議会の佐藤正和議長が訴えた。発言の最後に参加した国鉄青年労働者が全員登壇し、代表で動労千葉青年部長の北島琢磨さんが決意表明をおこなった。まとめと団結ガンバローを、国労東京の吉野元久さんがおこない、集会をしめくくった。国鉄決戦で勝利しよう!

d0155415_1635282.jpg

国鉄の青年労働者が登壇


オキナワとヒロシマをむすぶ
8・5全国青年労働者交流集会を開催!


 8・5ヒロシマ世界大会の高揚を引き継ぎ、同会場で午後6時30分から、全国青年労働者交流集会inヒロシマを開催した。基調提起を動労西日本の山田書記長がおこなった。国鉄「4か月決戦」の大進撃を切り開いた6~7月の闘いの総括と9・25判決粉砕! 国鉄闘争勝利へ!国鉄決戦で闘う方針を提起した。

d0155415_16352534.jpg

4・26自治労ストから職場での闘いを報告する自治体労働者

d0155415_16352087.jpg

世界の仲間と団結して闘うと決意表明する国鉄労働者

===============================================
              (動労西日本・連絡先)

本部書記局:広島市東区光町1-7-15-208/携帯(090)7371-3107[野口照生]
メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp

岡山連絡所:岡山市北区岩田町6-11/携帯(090)1325-0414[書記長・山田和広]
       メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp(携帯からのメールのみ受信)
       パソコンメール:doro.nishi@gmail.com(パソコンからはこちらへ)

近畿支部(準備会):大阪市西成区山王1-1-10-807/携帯(090)8120-9007[樫村厚]
    メール:fc.barca@ezweb.ne.jp

 動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)
最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。
 
by doro-nishi | 2013-08-18 16:28 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

8月6日、原爆ドーム前で行われたヒロシマアピール集会に参加しました。
d0155415_9314067.jpg

d0155415_9324651.jpg
d0155415_9343447.jpg

d0155415_9352361.jpg

d0155415_9371512.jpg

d0155415_9381412.jpg



集会後、中国電力本社へのデモ行進に出発しました。
d0155415_9394996.jpg

d0155415_9405190.jpg

d0155415_9445098.jpg
d0155415_9435898.jpg



中国電力本社に対する申し入れ行動も行われました。
d0155415_947251.jpg

d0155415_948182.jpg

by doro-nishi | 2013-08-07 09:52 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。

ビラ
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/20130806hiroshimabira.pdf

賛同用紙
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/20130806hiroshimasando.pdf

d0155415_1435459.jpg

d0155415_144522.jpg

by doro-nishi | 2013-08-06 07:00 | ビラ | Trackback | Comments(0)