「ほっ」と。キャンペーン

d0155415_1041491.jpg

d0155415_10414973.jpg

大阪市役所前に全国から450人が結集しました。動労西日本からは、山田書記長が発言しました。集会後、御堂筋を梅田に向かってデモしました。
by doro-nishi | 2013-09-29 20:41 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho92.pdf

本部情報92号 2013年9月26日発行

国鉄1047名解雇撤回・動労千葉鉄建公団訴訟
9・25反動判決弾劾!

新たな10万筆署名を貫徹し、
秋季年末闘争を闘おう!

定期健康診断および医学適性検査を、労働時間として扱い、賃金を支払え!

運転保安確立・山田解雇撤回=契約社員制度撤廃・中西労災を認定せよ!

 9月25日、東京高裁・難波裁判長は、国鉄1047名解雇撤回・動労千葉鉄建公団訴訟の控訴審において、「解雇撤回を認めない」反動判決を下した。満腔の怒りを持って弾劾する。
 2004年に当時の鉄建公団(旧国鉄清算事業団、現在は鉄道運輸機構)を相手どって始まった動労千葉鉄建公団訴訟は、ついに「国鉄改革」の真実を暴き出すところまで前進してきた。
 国鉄労働者20万人を職場から追い出した連中は「採用候補者名簿をつくったのは国鉄。JRは名簿記載者を全員採用した。JRには解雇や不当労働行為の責任は及ばない」と言い逃れをしてきた。この「国鉄改革」の核心中の核心が百パーセント大うそだったのだ。実際には、国鉄とJR(設立委員会)は最初から最後まで一体となって謀議を重ね、不採用基準の策定と採用候補者名簿作成を行っていた。
 昨年6月29日の東京地裁判決では「名簿不記載基準の策定は不法行為であり、名簿不記載基準が策定されなければ被解雇者はJR東日本に採用されていたはず」とする画期的判決をかちとった。
 さらに控訴審では、国鉄とJR(設立委員会)が共謀し、採用候補者名簿の作成と不採用基準の策定を一体となって行っていた決定的証拠を提出した。
 JR設立委員長だった斎藤英四郎(当時の経団連会長)が葛西や井手正敬国鉄総裁室長(当時)らに直接指示し、国鉄分割・民営化に反対する国労や動労千葉の組合員を排除するための不採用基準を作成させたのだ。
 証拠として提出された『国鉄改革前後の労務政策の内幕』には文字通り当事者のみが知る決定的事実が記されている。
 にもかかわらず、9・25東京高裁判決は「解雇撤回を認めない」。断じて許すな。新たな10万筆署名に取り組もう! 
 そして、組織拡大目指して、秋季年末闘争を闘おう。他労組は、労働協約改定期にあたり、様々な要求を出しているが、動労西日本は、総合労働協約=奴隷協約を拒否して、無協約であるが、独自に「秋季年末要求」を提出して闘う。共に闘おう!

=================================================
山田書記長解雇撤回裁判

行政訴訟(中央労働委員会相手)
11月11日(月)13:30~
東京地裁527号法廷

民事訴訟(JR西日本相手)
11月29日(金)13:30~
岡山地裁207号法廷

=================================================
d0155415_20551896.jpg

9・15集会で発言する山田書記長

職場の情報を寄せて下さい。JR東海以西のJRと関連会社の仲間は、動労西日本に加入しよう。(連絡先は裏面)



解雇撤回・JR復帰9・15総決起集会に1100名結集!
全ての怒りを11・3全国労働者集会へ!


 台風18号が接近する中、東京・代々木公園に全国から闘う仲間が結集した。集会開始直前まで激しく降っていた雨がぱったりとやみ、日がさす残暑の中で集会は勝ち取られた。
 動労千葉の田中康宏委員長が主催者あいさつをおこなった。「真実をさらにあばき出して、国鉄分割・民営化の国家的不当労働行為で解雇された仲間の解雇撤回と労働組合を再生するまでどんな判決であろうと闘い続けよう」と呼びかけた。
 動労千葉争議団を代表して、高石正博さんと中村仁さんが、どんなことがあろうとも職場復帰まで闘いはやめないし、続ける決意を表明した。
 国労闘争団からは、羽廣憲さんと小玉忠憲さんが断固として解雇撤回まで闘う決意を表明した。
 動労西日本からは、山田和広書記長が青年労働者の怒りを発言した。「動労西日本は、秋季年末闘争として団体交渉を含め闘っていきます。非正規職撤廃・外注化絶対反対の立場で、不当解雇撤回・契約社員制度撤廃を掲げ、JR西日本と闘っています。尼崎事故の過程で病気に追い込まれた労働者に対して、会社は自己責任を押しつけて辞めさせようということをいまだに続けています。うちの組合員である中西くんを先頭に裁判闘争を闘っています。この間、解雇撤回・JR復帰を求める署名を集める過程で、JRの契約社員を5年で雇い止めになり外注会社の駅にいる労働者が、『俺の人生を返してほしい。もうJRの世話にはならない」と怒りをぶつけてきています。こうした青年の怒りを本当に組織して、この腐った社会のあり方、青年が使い捨てにされ、誇りも何もかもが奪われている状況をひっくり返す。この闘いの先頭に動労西日本は立ちます。」
d0155415_20551611.jpg


 集会後、渋谷の街に向けてデモ行進に出発した。「首切り自由を許さないぞ!労働組合を作って共に闘おう」という呼びかけに、渋谷の若者たちから大きな注目が集まった。
 次は、11月3日全国労働者総決起集会だ!時代の転換点になるような集会として勝ち取ろう!
d0155415_20551915.jpg


(動労西日本・連絡先)

本部書記局:広島市東区光町1-7-15-208/携帯(090)7371-3107[野口照生]
メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp

岡山連絡所:岡山市北区岩田町6-11/携帯(090)1325-0414[書記長・山田和広]
       メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp(携帯からのメールのみ受信)
       パソコンメール:doro.nishi@gmail.com(パソコンからはこちらへ)

近畿支部(準備会):大阪市西成区山王1-1-10-807/携帯(090)8120-9007[樫村厚]
    メール:fc.barca@ezweb.ne.jp

動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)

最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。

by doro-nishi | 2013-09-26 20:50 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

d0155415_13354914.jpg

d0155415_1145377.jpg

d0155415_11453693.jpg

d0155415_11453815.jpg

d0155415_13354973.jpg

動労西日本からは山田書記長が発言しました。
by doro-nishi | 2013-09-15 20:35 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_1026573.jpg

9月12日夕方、JR西日本岡山支社前で署名を集めました。支社に出入りするJR関係の労働者が署名してくれました。川崎製鉄の労働者も署名してくれて、話になりました。署名してくれた多くの労働者から「頑張って!」と激励がありました。
by doro-nishi | 2013-09-12 23:26 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_15175879.jpg

d0155415_15175940.jpg

無実の星野文昭さんを返せ!
徳島刑務所包囲デモを全国の仲間と共に闘いました。
by doro-nishi | 2013-09-08 15:17 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_0515079.jpg

9月5日夕方、岡山駅前で署名を集めました。
JR契約社員を5年やって、外注会社に転籍させられたという青年が、「もうJRに世話などなるもんか。とにかく時間を返してほしい。」と怒りをあらわにしていた。
また、JRの関連会社で働いているという労働者からは、自民党安倍政権への怒りが出された。
本当に、みんなこの腐った社会に怒っている。国鉄分割民営化から始まった労働者の使い捨て攻撃を許さない。政府の責任をあいまいにしてはならない。職場で解雇撤回署名を集めよう!
by doro-nishi | 2013-09-05 22:30 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

※お待たせしました。

パソコンでご覧の方は、以下のリンクからpdfファイルをダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho91kai.pdf

本部情報91号 2013年9月1日発行

9・15集会に結集しよう!
解雇撤回署名を集めよう!


9・15集会  日時:9月15日(日)13時から  ※集会終了後にデモがあります。 
      場所:代々木公園ケヤキ並木(JR渋谷駅またはJR原宿駅から徒歩10分)


 国による不当労働行為が認められたら、解雇撤回しかないじゃないか!動労千葉の呼びかけで、9月15日13時から、東京・代々木公園ケヤキ並木で開催される集会とデモに結集しよう。合わせて、職場で国鉄1047名解雇撤回・JR復帰の10万筆署名を集めよう。9月25日、東京高裁に解雇撤回・JR復帰の判決を出させよう!
 全世界で戦争情勢が激化している。アメリカは、シリアが化学兵器を使ったと言いがかりをつけて、シリアをミサイルで攻撃しようとしている。これは、2003年に大量破壊兵器を持っているとしてイラクを攻撃したのと同じやり方だ。安倍政権は、同盟国のアメリカが戦争を始めたら、日本が攻撃を受けていなくても、一緒に戦争に参加できるという集団的自衛権を認めようとしている。絶対に許すことはできない。
 JR西日本では8月26日、福知山線を走行中の普通列車のドアを、JR西日本の労働者が業務用ドアコックを操作して開けるという事故があった。これ自体はあってはならないことだが、泊まり勤務明けの午前中から夕方まで、泥酔するほど酒を飲まなければやってられないほどのストレスがあったのであろう。事故を労働者の責任にしてはならない。事故の責任は、労働者をこき使い、過度なストレスをかけ続けたJR西日本にある。闘う労働組合の団結で、腐ったJR体制を打倒しよう。
d0155415_21312331.jpg

d0155415_21312580.jpg


=================================================
山田書記長解雇撤回裁判

民事訴訟(JR西日本相手) 9月17日(火)13:30~ 岡山地裁207号法廷

行政訴訟(中央労働委員会相手) 11月11日(月)13:30~ 東京地裁527号法廷

===================================
中西執行委員労災認定裁判 10月1日(火)13:30~ 大阪地裁808号法廷

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
職場の情報を寄せて下さい。
JR東海以西のJRと関連会社の仲間は、動労西日本に加入しよう。(連絡先は裏面)




分割・民営化と外注化の結果!
JR北海道とJR四国で事故が激発!


今年だけで7件の重大事故~JR北海道

 JR北海道の特急列車から出火したり、発煙したりする重大事故が激発している。7月15日の千歳線での事故は、走行中のスーパーおおぞら3号から出火した。焼け焦げた臭いに車掌が気づき、緊急停止させ、乗客135人は避難してけが人はいなかったが、大惨事寸前だった。同型エンジンの車両は夏の観光シーズンである8月とそれ以降も当面運休となっている。民営化と規制緩和による技術継承の断絶、航空線とのスピード競争など、全てが「命より金儲け」のJRの新自由主義によって引き起こされているのだ。
d0155415_21312744.jpg

配電盤のヒューズ付近から出火した特急スーパーおおぞら3号


走行車両から推進軸が脱落~JR四国

 JR四国では8月29日、高徳線を走行中の普通列車から、ディーゼルエンジンの動力を車輪に伝える推進軸が脱落する事故があった。幸いけが人は出なかったが、大惨事になるところだった。この車両は06年に導入され、今年7月の打音検査と8月27日の目視点検では異常がなかった。


すべては分割・民営化の結果だ!

 事故の根本原因は国鉄分割・民営化にある。民営化で経営が成り立ちようのない会社を無理やり作り、ただひたすら競争原理に突っ走らせた。すさまじいスピードアップと労働強化、外注化や非正規雇用化の中で、安全は無視されたのだ。今やJR各社の安全は崩壊している。職場に闘う労働組合をよみがえらせて、現場労働者の団結で安全を取り戻そう。
d0155415_21312910.jpg


==============================================
動労西日本組合規約抜粋(2013年1月20日改正)

  第3条 この組合は日本国有鉄道の承継法人たる、西日本旅客鉄道株式会社
を中心に、東海旅客鉄道株式会社、四国旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株
式会社及び同エリア内に存する日本貨物鉄道株式会社並びにそれらの関連企
業の労働者で組織する。(職種・雇用形態は問わない)
 但し、前記以外の労働者であっても執行委員会の決議をもって組合員となる
ことができる。
==============================================
(動労西日本・連絡先)

本部書記局:広島市東区光町1-7-15-208/携帯(090)7371-3107[野口照生]
メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp

岡山連絡所:岡山市北区岩田町6-11/携帯(090)1325-0414[書記長・山田和広]
       メール:doro-nishi@ezweb.ne.jp(携帯からのメールのみ受信)
       パソコンメール:doro.nishi@gmail.com(パソコンからはこちらへ)

近畿支部(準備会):大阪市西成区山王1-1-10-807/携帯(090)8120-9007[樫村厚]
    メール:fc.barca@ezweb.ne.jp

 動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)
最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。
by doro-nishi | 2013-09-01 20:32 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)