「ほっ」と。キャンペーン

d0155415_81129100.jpg

d0155415_8113036.jpg

日教組香川の労働者と一緒に、本部情報を配りました。
by doro-nishi | 2014-08-27 08:11 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

改訂版を発行しました。

以下のリンクから、改訂版をpdfファイルでダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho118kaitei.pdf

本部情報118号  2014年8月23日発行

10・1郡山工場外注化阻止へ
9・11郡山集会に結集しよう

9月11日(木)13時 本町緑地(JR郡山駅から南に徒歩5分)
主催:JR外注化阻止!9・11集会実行委員会



民営化・外注化は必ず事故を引き起こす

 2001年、朝霧事故で保線作業をしていた労働者がJR資本に殺されてから今もなお、多くの現場労働者や利用者・地域住民がJR資本によって殺され続けている。国鉄分割民営化・JRによる外注化で、指揮命令系統が完全に崩壊した。二次・三次下請けと委託を重ねることで安全が損なわれ、車両品質も低下している。
 今こそ、JR本体とJR関連会社という枠を越えて、労働組合の壁を越えて、職場全体で外注化阻止を闘うときだ。国鉄労働組合郡山工場支部の仲間は、全国のJR関連労働者に9・11集会への参加を呼びかけている。JR東日本郡山工場の外注化阻止闘争は、郡山における外注化阻止闘争というだけではない。そこから広がる、全国の職場の外注化を阻止する第一歩として決定的に重要だ。JR西日本では後藤工場(米子)、JR四国では多度津工場での闘いが重要になってくる。

外注化の本当の目的は労働組合を解体すること

 JR資本が、民営化・外注化を進めるのは、コスト削減以上に、労働組合を解体するという大きな目的があるからだ。JR資本は、一気に外注化するのではなく、部分を外注化していき、団結を破壊することで、労働組合つぶしを完遂しようとしている。今回の郡山工場外注化に際しても、工場全体を一気にではなく、機器着脱業務の部分だけを外注化すると言っている。しかし、外注化攻撃がかけられているときこそ、JR本体と下請けとに分断されている職場の労働者全体が、団結できるチャンスだ。敵の目的である労働組合解体ができなければ、追い詰められるのはJR資本の側なのだ。
 JR各社が進めている駅ナカビジネス。JR西日本では、岡山駅など主要駅の売店がセブンイレブンに外注化されはじめた。JR四国でも、宇多津駅の売店がセブンイレブンに外注化された。今まで、JR関連会社がやっていた駅の売店を、JRと関係ない会社にすべて丸投げ外注化する。ここでもJRの無責任体制が作られている。JR西日本の真鍋社長は、『これまでローカルな駅だとキヨスクを置いても、お客様が少なく、店を閉めざるをえない。ここ10年くらいどんどん売店を閉める方向で進んできました。しかし、小さなお店でも、セブンイレブンさんの品揃え、サービスでやってみれば、経営が成り立つかもしれません。無人駅のような場所でもコンビニを置くことで、駅に人が集まってくる可能性が出てくる。』と言っている。駅の外注化・無人化を進めて駅員を削減する一方で、売店は出店させて、もうけを優先するという、JR資本を許すことはできない。

自分の職場で外注化阻止を闘い、すべての労働者と団結しよう!
=================================================
<裁判闘争日程>
☆中西副委員長労災認定訴訟 次回口頭弁論
 9月10日(水)15時から 大阪地裁809号法廷にて

☆山田書記長解雇撤回訴訟(岡山) 次回最終意見陳述
 9月24日(水)11時から 岡山地裁202号法廷にて
=================================================
d0155415_16202837.jpg

職場の情報を寄せて下さい。ブラック企業JRと闘おう!各支部の連絡先は裏面にあります。
JR東海・西日本・四国・九州・貨物とその関連会社の仲間は、動労西日本に加入しよう。


福島労組交流センターのビラ
d0155415_1242460.jpg
d0155415_1243058.jpg

=================================================
       (動労西日本・連絡先)

労働相談(会社による嫌がらせや強要等)は、随時受け付けております。
JR本体・グループ会社・関連会社で働く仲間で組織する労働組合です。
(JRグループ以外にご在勤の方も、下記までご一報下さい。)

・本部事務所:〒732-0052 広島市東区光町1丁目7-15 第一田万理ビル208号
携帯:(090)7371-3107メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp[執行委員 野口照生]

・岡山連絡所:〒700-0022 岡山市北区岩田町6-11
携帯:(090)1325-0414メール:携帯からは:doro-nishi@ezweb.ne.jp[書記長  山田和広]
パソコンからは:doro.nishi@gmail.com

・近畿支部 :〒557-0001 大阪市西成区山王1丁目1-10-807
携帯:(090)8120-9007メール:fc.barca@ezweb.ne.jp[書記  樫村厚]

最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。
動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)

動労総連合(動労千葉・動労水戸・動労連帯高崎・動労西日本)を全国につくろう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
旧版のダウンロードは以下のリンクから。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho118.pdf
by doro-nishi | 2014-08-23 13:00 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

岡山駅前で、星野文昭さん全証拠開示・再審開始を訴え、署名を集めた。
d0155415_1645663.jpg

by doro-nishi | 2014-08-21 23:03 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

以下のリンクから、pdfファイルでダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/honbujyoho117.pdf

本部情報117号  2014年8月11日発行

侵略戦争絶対反対!核はいらない!
解雇撤回!安倍政権を打倒しよう!
集団的自衛権行使の7・1閣議決定弾劾!



8・6ヒロシマ大行動

 ヒロシマ・ナガサキと福島の怒りをひとつに、労働運動と国際連帯の力で全原発廃炉・核廃絶をと訴えて被爆69周年8・6ヒロシマ大行動が闘い抜かれた。
 「許すな改憲、安倍倒せ!」の闘いへ新たな運動が始まった。基調で「8・6と労働運動はひとつの闘い。闘う労働組合を作ることが戦争を阻止する道だ。」と呼びかけられた。全労働者の団結で資本家を打ち倒そう!


原爆ドーム前からデモに出発
d0155415_1823490.jpg

中国電力前で抗議文を読み上げる大江委員長
d0155415_1823913.jpg

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

岡崎昭夫組合員の決意表明

 私の職場は、広島印刷事業所です。見られた方もおられると思いますが、広島駅新幹線口正面左側に見えるのが、JR西日本広島支社本館です。その奥に私の職場があります。
 「動労総連合を全国へ」の方針が打ち出されています。西の砦動労西日本は、組織拡大に向けて奮闘しているところです。私の職場には32才の青年労働者がいます。01年1月兵庫県の山陽本線朝霧駅~明石駅間で保線作業中の触車死亡事故が発生しました。亡くなったのは、21才の青年労働者です。彼は、この現場に入社から1年もたっていない中で、見習いというより、実際は見学をしているだけでした。警察からの長時間の事情聴取で「起訴猶予」、JR西日本からは「厳重注意」と不当な処分を受けています。この彼が、今年4月から、JR西日本に対して、「安全配慮義務違反」「損害賠償」を訴えて、裁判を一人で闘っています。これはある意味すごいことですが、彼は現在どこの組合にも所属していません。以前は、西労組、西労に所属していました。あとは動労西日本しかありません。
 私は、『闘う労働組合』でやらないと何もならないよと何回も言いましたが、彼は今のところ「一人でやります」と言っています。JRへの怒りは充満しています。彼を動労西日本に獲得します!
 7・1閣議決定は、国鉄分割・民営化攻撃との対決の原点に、再びすべての勢力を立たせています。国鉄分割・民営化と闘わずして、勝利はありません。「原爆と原発は違う」とか、集団的自衛権行使を認め「核兵器はいらない」の署名運動だけをやるような労働組合では闘えない。われわれは闘うことができます。労働者の力、労働運動の力、労働組合の力、国際連帯で戦争をとめる。核・原発をなくす。解雇を撤回させる。国鉄闘争と一体で闘います!
(8・5国鉄労働者交流集会と、8・6ヒロシマ大行動集会での発言から)
d0155415_18231176.jpg

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<裁判闘争日程>

☆中西副委員長労災認定訴訟
 次回口頭弁論
 9月10日(水)15時から
 大阪地裁809号法廷にて

☆山田書記長解雇撤回訴訟(岡山)
 次回最終意見陳述
 9月24日(水)11時から
 岡山地裁202号法廷にて



国鉄産別集会を開催
10・1郡山工場外注化阻止へ!


 8月5日、広島市内において国鉄産別集会を開催した。
 大江委員長の開会あいさつの後、基調提起を山田書記長がおこなった。「7・1集団的自衛権閣議決定の情勢は時代の歴史的転換点だ。JR体制を打倒する決定的情勢が到来している。だからこそ、反合理化・運転保安闘争路線で職場闘争を徹底的にやろう。動労総連合の全国的建設を推進しよう。国鉄闘争全国運動を各職場・地域の拠点建設と一体で広げよう。10月1日郡山工場の外注化を絶対に阻止し、11月全国労働者集会の歴史的勝利を切り開こう。」と提起した。
 続いての特別報告では4人が発言した。
 動労千葉からは田中委員長が、解雇撤回JR復帰を求める最高裁署名のこと、CTSの組織化のこと、7・1情勢、JR北海道・貨物の破たん、国労大会情勢について提起した。CTSの組織化をめぐっては、運転保安で議論して、外注先・外注元労働者が動労千葉に加入して団結する展望が語られた。
 動労水戸からは石井委員長が、JR東日本水戸支社管内の検修職場と乗務員職場で労働者が白血病で亡くなっていることを弾劾し、被ばく労働拒否で徹底的に闘う決意を明らかにした。いわき合同ユニオンに原発関連労働者が加入し、共に闘っていることが報告された。
 国労郡山工場支部からは橋本光一さんが、10・1機器着脱業務の外注化を絶対に阻止する。会社が工場内に貼っている『品質・安全第一』というポスターはうそっぱちだ。現場から声を上げ闘う決意を述べた。
 国労原告団からは羽廣憲さんが、国労本部と徹底対決して闘う決意を述べた。
 続いては、各地からの報告だ。動労西日本の岡崎昭夫組合員が、自分の職場の青年労働者を組合に組織すると決意表明した。新潟・米子の仲間から発言が続いた。さらに、元全日本運輸一般労組原子力発電所分会長の斉藤征二さんが、闘う労働組合の必要性・重要性について語り、国鉄労働者を先頭に闘いぬいてほしいと檄を発した。
 集会の最後に、まとめと団結がんばろうを、国労近畿の富田益行さんがおこない、国鉄決戦に打ってでる決意を固めた。
d0155415_18231821.jpg

=================================================

7月12日~13日組合レクを開催

 今回のレクは広島県内で開催した。動労西日本組合員全員と支援の仲間、そしてJR関連職場で働く仲間も共に参加し親睦を深めることができた。


野呂山キャンプ場で火おこしを見守る中西副委員長
d0155415_18232069.jpg


神楽門前湯治村にて
d0155415_18232347.jpg

=================================================
(動労西日本・連絡先)

労働相談(会社による嫌がらせや強要等)は、随時受け付けております。
JR本体・グループ会社・関連会社で働く仲間で組織する労働組合です。
(JRグループ以外にご在勤の方も、下記までご一報下さい。)

・本部事務所:〒732-0052 広島市東区光町1丁目7-15 第一田万理ビル208号
携帯:(090)7371-3107メール:dwh-west1715208@docomo.ne.jp[執行委員 野口照生]

・岡山連絡所:〒700-0022 岡山市北区岩田町6-11
携帯:(090)1325-0414メール:携帯からは:doro-nishi@ezweb.ne.jp[書記長  山田和広]
パソコンからは:doro.nishi@gmail.com

・近畿支部 :〒557-0001 大阪市西成区山王1丁目1-10-807
携帯:(090)8120-9007メール:fc.barca@ezweb.ne.jp[書記  樫村厚]

最新の動労西日本情報は、動労西日本ブログを見てください。
動労西日本ブログ=http://doronishi.exblog.jp/(携帯・パソコン共通)

動労総連合(動労千葉・動労水戸・動労連帯高崎・動労西日本)を全国につくろう!
by doro-nishi | 2014-08-11 22:48 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)

谷口恭子さんが基調提起
d0155415_15504564.jpg


大江委員長が閉会あいさつ
d0155415_15504555.jpg

侵略戦争絶対反対!核はいらない!解雇撤回!安倍打倒!

by doro-nishi | 2014-08-06 16:50 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_1544537.jpg

43年ぶりの雨の中、集会をやりました。
43年前の1971年は、沖縄返還協定をめぐって、日本中が激動した時です。1971年11月14日に渋谷暴動が闘われ、星野文昭さんがデッチ上げ逮捕されました。
1971年8月6日のヒロシマは豪雨でした。当時の首相の佐藤栄作が、戦後の首相としてはじめて、祈念式典に参列しました。この佐藤首相の祈念式典参列に対し、激しい反対闘争が闘われました。佐藤首相の眼前まで迫った!というのが、43年前の雨の中の8・6です。
by doro-nishi | 2014-08-06 09:44 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_1842269.jpg

動労西日本山田書記長が基調提起をしました。
by doro-nishi | 2014-08-05 18:04 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

大江委員長が開会あいさつ
d0155415_17314100.jpg


基調提起をする山田書記長
d0155415_0572432.jpg


特別報告
動労千葉の田中委員長
d0155415_057498.jpg


国労郡山工場支部の橋本さん
d0155415_0575927.jpg


各地からの報告と決意表明
岡崎組合員
d0155415_058983.jpg


元全日本運輸一般労組原子力発電所分会長の斉藤さん
d0155415_0583259.jpg


国労近畿の富田さんがまとめの提起をおこなった
d0155415_0584113.jpg


団結がんばろう
d0155415_0584857.jpg

by doro-nishi | 2014-08-05 17:03 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

以下のリンクから、pdfファイルでダウンロードできます。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/20014389/20140805hiroshimaseinen.pdf

解雇撤回! 民営化・外注化反対! 非正規職撤廃!
集団的自衛権行使・改憲=戦争絶対反対! 原発再稼働阻止!


8・5 全国青年労働者交流集会 inHiroshima
賛同と参加のお願い


全国の青年労働者の皆さん! 労働組合青年部の皆さん! 被爆から69年目の広島から、8・5青年労働者交流集会への参加を呼びかけます。
 安倍政権による集団的自衛権行使容認=改憲・戦争への動きに対して、多くの人々、とくに20代30代の青年労働者の怒りが爆発しています。同時にそれは新成長戦略=労働規制撤廃・解雇自由・残業代ゼロという労働者への攻撃への怒りとして広がっています。民営化・外注化によって非正規労働を蔓延させ、青年労働者を死ぬまで働かせて使い捨て、挙げ句の果てには戦争で殺し合いをさせる。1%の資本家の利益のために、99%の労働者の命を奪うこの腐った社会の現実をいまこそ団結して変えましょう。安倍政権を打倒しましょう。
 安倍を打倒しこの社会を変革する鍵を握るのが青年労働者の存在と闘い、闘う労組青年部の復権にあります。
 動労千葉を先頭とした国鉄闘争全国運動は、外注化阻止闘争、被曝労働拒否闘争の中でJRの青年労働者を獲得し、全国に闘いを拡大しています。このなかで国鉄1047名解雇撤回の闘いにおいてもついに裁判所に「不当労働行為」を認定させ、最高裁に解雇撤回・JR復帰を迫る地平を獲得しています。国鉄解雇撤回10万筆署名を通じて多くの青年労働者が結びつき、沖縄で、東京で、全国で解雇撤回の闘いに青年労働者が決起し、労組青年部の再建が進んでいます。
 集団的自衛権行使=戦争・改憲、原発再稼働と福島圧殺、そして労働規制撤廃=解雇自由・総非正規職化の安倍政権を迎え撃つ広島へ、全国から青年労働者の大結集し、ともに交流し闘いを共有し、労組青年部建設の前進を勝ち取ろう!

■と き 8月5日(火) 16:30  
■ところ 広島市東区民文化センター 大ホール
■参加費 500円
■主催・呼びかけ 国鉄西日本動力車労働組合青年部/広島連帯ユニオン青年部

※翌日8月6日には8・6ヒロシマ大行動が実行委員会主催で行われます。また同日8月5日、おなじ東区民文化センターにおいて、関連企画がありますので、そちらへの参加もぜひよろしくお願いします。

連絡先 広島連帯ユニオン青年部 
      (青年部長 宮原 亮 090−8241−0940 workerunite@gmail.com)

by doro-nishi | 2014-08-05 16:30 | スケジュール | Trackback | Comments(0)