「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 10月22日~23日、広島県北のJR三次(みよし)駅前・三次交通観光センターで、動労西日本と広島星野さんを救う会の共催による「星野絵画展とJR三江線写真展」そして「三江線廃止絶対反対の集会」が開催された。動労西日本が三江線廃止反対の沿線集会を開くのは、この3月に江津(ごうつ)市で開催したのに続いて2度目だ。地元新聞がこの企画に注目し報道したこともあって、地域の労組活動家や三江線沿線の住民を中心にのべ150人が来場し、花束や地元名産品の贈呈を受ける等、星野闘争と国鉄闘争とを一体化したコラボ企画ならではの賑わいで盛り上がり、大成功した。星野さんの絵には来場者すべてが魅せられ、30筆の署名と20人を越える人からカンパが寄せられた。組合員が撮影した三江線の写真も好評で、譲ってほしいという人が続出し、用意した枚数では足りないほどだった。

 動労西日本は、JR西日本の三江線廃止攻撃に絶対反対で闘っている。三江線は、広島県三次市と島根県江津(ごうつ)市を結ぶ全長108・1Kmの生活路線であり、太平洋側と日本海側を結ぶ「陰陽連絡線」の代表的線区だ。9月30日、JR西は赤字を理由に三江線の廃止を国土交通省中国運輸局に届け出た。新自由主義資本・JRは、一切の社会的公共的責任を最後的に投げ捨てた。安倍政権とJRは、三江線廃止を突破口に、全国の赤字ローカル線「全廃」に突き進もうとしている。「選択と集中」の名のもとに、全面外注化と地方切り捨て・地域破壊を促進するローカル線廃止こそ、労働法制大改悪を先取りし、労働と社会を破壊する「第2の国鉄分割・民営化」そのものだ。動労西日本は、広島印刷事業所廃止絶対反対の闘いとともに、三江線廃止絶対反対をトコトンつらぬく。

 2日間の企画の締めくくりに、韓国民主労総のゼネスト決起のDVDを上映し、集会をおこなった。山田和広書記長が司会を務め、主催者として大江照巳委員長が「差し迫る朝鮮戦争を、始まる前にこそ阻止しよう。11月日韓共同行動を成功させよう。三江線廃止を絶対許さない」と、力強く宣言した。基調報告は、鷲見貢米子支部長がおこなった。三江線は、全35駅のうち三次駅を除く34駅が米子支社の管轄であり、鷲見支部長がこの闘いの先頭で闘っている。鷲見さんは、国鉄分割・民営化粉砕の30年の闘いの地平に立って、JR資本の三江線廃止攻撃を徹底的に断罪、「労働者が絶対反対で立ち上がれば社会は変わる」と訴えた。広島星野さんを救う会の増上昭典さんが特別報告に立ち、星野奪還への総決起を熱烈にアピールした。

 闘争報告を原田隆司近畿支部長と岡崎昭夫執行委員がおこなった。広島印刷事業所廃止阻止闘争の勝利を牽引した岡崎さんは「労働者の階級的団結と国際連帯こそが戦争を止め、社会を変える力。国鉄闘争がプロレタリア革命の展望を切り開いている。11月日韓連帯共同行動に立とう」と鮮明な決意を表明した。会場からの発言も相次いだ。広島の可部線廃止反対を闘った住民、米子から駆けつけた労働者、三次の地域で闘っている労組役員などから、共に闘う決意が語られた。最後に、大江委員長が「団結して、ともに11・6東京-11・12~13ソウルへ!」と締めくくって閉会した。

(動労西日本書記・松野博之)
by doro-nishi | 2016-10-31 17:05 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

 動労西日本の岡崎です。労働者階級の団結と国際連帯こそが戦争を止め、社会を変える力です。東京日比谷野外音楽堂の11月6日労働者総決起集会は国境を越えた労働者の団結で戦争を「始まる前に止める」集会・デモです。それと労働法制解体を粉砕する闘いです。その先頭に30年間の国鉄1047名解雇撤回闘争が立っています。

 国鉄分割・民営化は新自由主義の始まりでした。あらゆる産別で民営化・外注化・分社化・転籍・非正規雇用などの嵐が吹き荒れています。その核心は、労働組合を無力化し解体し、雇用や賃金、労働条件のすべてをズタズタに分断し、労働者が団結して闘う基盤を破壊し尽くすことでした。資本と生産性協定(合理化への協力)を結び、一定のパイを得ることを路線化した右派労資協調組合は、1989年総評解散後に連合主流派となり、1990年代以降、請負や派遣に積極的に協力して延命を図り、2千万人規模の労働者を無権利の非正規雇用に突き落としました。国鉄労働組合(国労)は、シニア協定を締結し、保線など拠点職場の外注化に協力して組合員を売り渡し、1047名闘争の最終的幕引きに向かって行きました。こうして日本労働運動の深刻な後退が生み出されたのです。

 しかし、国鉄千葉動力車労働組合・動労総連合は団結を守りぬいてJRに乗り込み、外注化と非正規雇用化に徹底的に抗戦しています。この現場攻防と一体で1047名闘争の原則を貫き、国鉄闘争の一掃を狙った2010年4月9日政治和解を打破して、闘いを継続しています。こうして新自由主義を無力化し、プロレタリア革命に向かって階級的団結と階級的労働運動を復権させる展望を切り開いています。

 9月30日、JR西日本は三江線の廃止届けを中国運輸局に提出しました。そもそも国鉄から引き継がれた線路はJRの私有物ではなく、社会のものです。儲けにならないからといって勝手に廃線にすることなど許されません。「1%」の資本家の利益だけを追求する新自由主義政策によって、人口減少地域から学校・病院・鉄道などの統廃合や廃止が進められています。それが過疎化と都市部への人口集中を加速させ、地方を「消滅」させようとしているのです。地方の人口減少は「自然現象」ではなく、資本によって「作り出されている」のです。三江線廃止阻止の闘いはこれからです。三江線の職場と地域住民の生活を守る闘いを一つにし、絶対反対の団結で勝利するのです。動労西日本は、星野文昭同志奪還のために闘っています。

 われわれ労働者と労働組合は、労働と社会を根本から破壊し最後は戦争の破滅にまで突き進む新自由主義の資本家とその政府に対抗し、労働と社会を取り戻す闘いに立ち上がろう。11月6日東京-11月12日ソウルへ、団結して共に進撃しよう。わたしは、東京-ソウルに行きます。ありがとうございました。
by doro-nishi | 2016-10-31 16:57 | アピール | Trackback | Comments(0)

 三里塚農地法裁判で最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は10月26日までに、天神峰・市東孝雄さんの上告を棄却する超反動的決定を下した。一審・二審判決の違法性・違憲性を不問に付し、「判決は確定した。農地を明け渡せ」というのだ。絶対 に許せない!1ミリたりとも認められない!市東さんをはじめ三里塚芝山連合空港反対同盟は、心底から怒り「農地を死守し農業を続ける」との不動の姿勢を貫いている。

  この最高裁上告棄却は、大々的キャンペーンを伴って第3滑走路計画が進められ、朝鮮半島での戦争情勢が切迫している今この時を選んで打ち下ろされた極めて政治的な攻撃だ。「軍事空港阻止」を掲げ不屈に50年闘い続けてきた三里塚闘争をつぶそうとする攻撃だ。

 労農学連帯の力で農地強奪を絶対に阻止しよう。11・6全国労働者総決起集会に大結集し、反対同盟と固く手を携え、全国・全世界の仲間とともに安倍政権の戦争・改憲攻撃を打ち砕け!

(『前進』ブログより転載)
by doro-nishi | 2016-10-27 00:38 | アピール | Trackback | Comments(0)

集会には30人集まりました。地元の方も参加されました。
d0155415_1484169.jpg


司会の山田書記長
d0155415_1485512.jpg


大江委員長から主催者あいさつ
d0155415_15412583.jpg


基調を提起する米子支部長の鷲見さん
d0155415_149142.jpg


広島星野文昭さんを救う会の増上さんから特別報告
d0155415_1543537.jpg


岡崎執行委員が闘争報告
d0155415_15412644.jpg


会場からの発言を受け、大江委員長がまとめの提起
d0155415_1551443.jpg


同時開催の星野文昭絵画展と三江線写真展には、2日間で150人が来場しました。
d0155415_1555468.jpg

by doro-nishi | 2016-10-24 15:41 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_274649.jpg

以下のリンクから、広島連帯ユニオンのブログをご覧ください
http://union-hi.blogspot.jp/2016/10/1021.html

by doro-nishi | 2016-10-21 20:07 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

10・21岡山反戦デモ

d0155415_11353833.jpg

夕方、岡山駅前で「前進」を配布し、動労西日本の山田書記長と岡山マスカットユニオンの清水委員長が、朝鮮侵略戦争反対・労働法制改悪阻止を訴え、反戦デモに出ました。
デモは沿道の青年が「安倍倒せ」と一緒に声をあげ、自治労の仲間が手を振ってくれました。
by doro-nishi | 2016-10-21 18:35 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_1874899.jpg

大江委員長と岡崎執行委員が職場である五日市駅前で、出勤前にアジテーションをやりました。
広島連帯ユニオンの仲間もかけつけ、ビラ・前進を200枚配布しました。
通勤・通学の労働者・学生から圧倒的注目!駅の管理職も見に来ていました。
by doro-nishi | 2016-10-19 18:07 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)