衆議院選挙投票日の10月22日、台風接近の雨の中、広島市中区の市民交流プラザに広島県労組交流センター、広島大学学生自治会、8・6ヒロシマ大行動実行委員会の呼びかけで50人が結集し、10・21国際反戦デー集会とデモ行進をかち取りました。

 集会では岩国市の自治体労働者が司会を担い、続いて8・6ヒロシマ大行動共同代表であり、安芸太田町議の大江厚子さんが発言しました。大江さんは10月12日に北広島町で米軍戦闘機がフレア使用の実戦訓練を行なったこと、沖縄東村高江の米軍ヘリ墜落事故をあげて、住民の生活を脅かし戦争へ突き進む安倍とトランプを弾劾しました。そして総選挙での「この国に革命を」の闘いに続き、次は私たちの日常に革命を!と呼びかけました。次いで広島の闘う仲間への「免状不実記載」でっち上げ-共謀罪弾圧をともに闘って粉砕した新川登茂宣弁護士の連帯あいさつを受け、さらに特別報告として衆議院選挙闘争について森田寛隆広島大学自治会委員長が報告。発言は、斎藤いくま全学連委員長と学生・青年の奮闘を先頭に全国の仲間が闘ったこと、その力で広島大学当局の学生自治-サークル自治の解体絶滅攻撃と闘い抜いているとのものでした。

d0155415_10485837.jpg


 さらに基調提起を広島市職の非正規職の青年労働者が行ないました。「安倍は総選挙をもって改憲・北朝鮮攻撃の『全権委任』を得たとばかりに、11月5日に来日するトランプ米大統領と朝鮮戦争の会談を行ない朝鮮戦争に参戦しようとしている。同時に『働き方改革』で労働者の団結を徹底的に破壊し、労働者を戦争に駆り出そうとしているが、これらすべてが労働者の反乱を促し革命を成し遂げるチャンスとなる。自治体労働者は非正規職化攻撃にさらされ続けている。人々の生活の基盤を支える仕事をしながら真っ先に資本の先兵にさせられ多くの人民を戦場にたたせる片棒を担がされる。しかし5月に可決された地方公務員法改悪に対し、自分たちの職場と仲間、生活を守るために闘おうとする非正 規職員が決起し組合に結集しつつある。一人でも多くの仲間と団結し組合に組織化して11・5へ結集しよう!」と呼びかけました。

d0155415_10490028.jpg


 広島から選挙応援に駆けつけた婦人民主クラブの仲間のカンパアピールの後、教育労働者から、道徳の教科化やJアラートによる戦争動員を許さないという決意が語られました。その後、広大生協労組、高陽第一診療所労組、自治体労働者、動労西日本から職場の闘争報告が続きました。まとめとして実行委員会の井上亮さんから「選挙結果がどうであれ、根底的な怒りが全社会に溢れかえっており、安倍の危機は深まっている。国境を越えた労働者の国際連帯で戦争を止める大行動へ!11・5に来日する、韓国テグの仲間との交流会しよう」と行動提起がありました。最後に団結がんばろう!で集会を締めくくり、闘う息吹は最高になりました。

d0155415_10490338.jpg


 その後、台風の風雨が強まる中、市内中心部を原爆ドーム前まで、元気にデモ行進を打ち抜き、街頭で多くのエールを受けました。集会・デモを通じて、団結の笑顔が満ち溢れる10・22ヒロシマ行動でした。

d0155415_10490668.jpg

by doro-nishi | 2017-10-24 11:00 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

大雨の中、県内の各労働組合から15人が集まり、「戦争絶対反対!改憲阻止!」を訴えて、元気よく岡山駅前をデモ行進した。

d0155415_20024695.jpg




その後、岡山市内で集会を開催した。ビラを見て飛び入りの参加もあった。

d0155415_20024903.jpg


基調を岡山マスカットユニオンの木村守男書記長が行なった。戦争をとめる力は労働者の団結した闘い・ゼネストにあることを確認し、戦争の本質は中東の石油をどこの帝国主義がとるのか、中国・アジアをどこの帝国主義が握るのかをかけた争闘戦であることをハッキリさせ、「自国政府を打倒しよう!」と提起した。

d0155415_20025486.jpg


全学連の斎藤いくま委員長が立候補した衆院選闘争の報告を動労西日本の山田和広書記長が行なった。

d0155415_20025795.jpg


参加者から、岡山マスカットユニオンが日本原演習場での日米共同訓練反対の申し入れを奈義町と津山市に対して行なったことが報告され、日本原基地撤去の闘いを爆発させ戦争をとめようと決意が述べられた。

d0155415_20030197.jpg


d0155415_20030528.jpg


d0155415_20030706.jpg


d0155415_20031004.jpg

11・
5労働者集会を全力で取り組もう。

by doro-nishi | 2017-10-22 20:10 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_1734521.jpg

10・21常磐線富岡延伸阻止を闘った動労水戸の仲間が、荻窪駅にかけつけました。原発再稼働反対!オリンピックやめろ!改憲阻止!労働者階級が権力を取ろう!プロレタリア革命を!
by doro-nishi | 2017-10-21 17:34 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

☆斎籐いくま選挙に密着☆
10月17日21時~23時、AbemaPrimeにて報道されます!
(インターネットテレビ AbemaTV)

by doro-nishi | 2017-10-16 13:28 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

若き学生のリーダー、斎藤いくま(全日本学生自治会総連合委員長)が「この国に革命を!」と訴え、東京8区(杉並区)より衆院選に立候補しました。動労西日本は、闘う労働運動の力で社会を変えようと立ち上がった斎藤いくまを全力で応援します!

d0155415_01105786.jpg


詳しくは、全日本学生自治会総連合ホームページに掲載されています。以下のリンクからご覧ください。



斎藤いくま政策リーフは、以下のリンクからダウンロードできます。
d0155415_01101654.jpg

d0155415_01101954.jpg


斎藤いくま紹介カードと推薦用紙は、以下のリンクから。

友人・知人にぜひ広めてください。
動労千葉、自治労倉敷も推薦しています。


前進チャンネルで動画を配信しています。以下のリンクから。


d0155415_01110273.jpg


d0155415_01110517.jpg

=================================================

沖縄闘争で獄中43年、星野文昭さんからの衆院選闘争へのエール
                        2017年10月 星野 文昭

 今の世の中は、新自由主義によって、99%を犠牲に1%が肥え太る流れが強まって、1%に富が集中して過剰資本が巨大化して経済は行き詰まって大恐慌を生み、アベノミクス・戦争などそれの乗り切り策は、金融・財政緩和のカンフル剤による円安・輸出拡大と株・不動産等のバブル的浮揚によって1%への一層の富の集中と過剰資本の巨大化を生んでいます。それは、民営化・総非正規化による低賃金・長時間労働・貧困を労働者民衆に強い、朝鮮半島・東アジアの支配をかけた朝鮮戦争はじめ市場・資源・勢力圏をめぐる争闘戦=戦争を強い、その全面化を安倍は、労働法制解体と改憲・戦争の強行によって行おうとしています。それが生きていくことさえ難しい無残な現実と朝鮮戦争によって数百万人を虐殺する許し難い現実を労働者民衆に強い、一方で森友・加計疑獄に典型のように1%が悪どく富を貪っており、この安倍政治への怒りは地に満ちていると言うことだと思います。 
 その安倍の正体が明らかになり崩壊寸前に追いつめられて、これ以上国会での追及があれば間違いなく崩壊してしまうことから、野党の国会開催要求で開かなければならない臨時国会を3か月も開かず、開いた冒頭で解散して、北朝鮮危機を煽って、改憲・戦争で突破しようとしているということだと思います。
 この中で登場した小池新党=「希望の党」は、この怒りをかすめ取り、ねじ曲げて、改憲・安保法制賛成を踏み絵にしているように、結局、安倍自民党と救国大連合を組んで、労働法制解体・団結破壊、改憲・戦争を進めことに正体があります。
 この安倍と小池の正体を暴いて、労働者民衆の怒りを解き放って、社会を動かしている真の社会の主人公である労働者民衆の闘いで団結を職場・地域・全国と世界につくり出して、それらの攻撃を打ち砕き、戦争を始まる前に止める、安倍、小池、そしてトランプを倒して、労働者民衆の手で、戦争・搾取の無い誰もが力を合わせ人間らしく生きられる、人間本来の社会を実現していく大闘争を、斎藤いくま君を衆議院選に押し立て勝利していこう!
 それによって、11・5闘争、11・26星野闘争に勝利していこう!
(星野文昭さんをとり戻そう!全国再審連絡会議のホームページから転載)

by doro-nishi | 2017-10-12 01:31 | アピール | Trackback | Comments(0)

岡山の国際反戦デー行動要項
10月22日(日)
13:00 岡山駅東口ビックカメラ前集合
13:30 デモ出発 商店街→イオン岡山
14:30 国際反戦デー集会(奉還町りぶら)
16:30 終了


以下のリンクから、pdfファイルでダウンロードできます。

おもて

うら

d0155415_20174619.jpg


d0155415_20174949.jpg

by doro-nishi | 2017-10-02 20:24 | ビラ | Trackback | Comments(0)