2月16日、国鉄闘争勝利へ!関西国鉄集会を開催しました。動労西日本を軸に春闘ストライキへ!関西生コン支部弾圧弾劾の決議をあげました。

d0155415_12325957.jpg


 2月16日、大阪・浪速区民センターで国鉄全国運動・関西が主催する関西国鉄集会が150人の結集でかちとられました。この集会は、切迫する朝鮮侵略戦争を国鉄闘争のさらなる発展で阻止することを誓い合う重要なものとなりました。

 司会は八尾北医療センター労組の青年労働者がつとめました。基調報告を動労西日本近畿支部長の原田隆司さんがおこない、国鉄闘争を基軸に2018年に人類史をかけた決戦に突入することを宣言しました。原田さんは、「戦争・改憲を阻止し続けているのが、国鉄分割民営化絶対反対の闘いであり、連合崩壊情勢をつくり出しているのも国鉄闘争の地平です。安倍政権はそれをひっくり返すために動労総連合の組織破壊攻撃を仕掛けてきています。こことの対決が第3の分割・民営化攻撃、すなわち全面外注化と総非正規化攻撃との攻防として18年は鮮明になってきています。また、国家に不当労働行為を認めさせた地平で1047協議会が結成され、解雇撤回署名は安倍・トランプをぶっとばす力強い国鉄闘争として発展しています。関西の闘いとして、動労西日本が出向・転籍攻撃と闘い勝利しているからこそ、JR資本との力関係の激変を創出し、展望を切り開いています。」と提起しました。動労西日本の東元さんが、福知山・広島と2波にわたる春闘ストライキへの決意を打ち出しました。

 続いて決意表明です。関西合同労組からは黒瀬博匡委員長と中川いくこ泉州支部書記長が登壇し、中川さんは5月泉佐野市議選勝利に向けて熱烈なアピールを発しました。大阪市職の労働者からは、この間の大阪現業集会でつかんだ、労働者は民営化に怒り決起していることが報告されました。高槻医療福祉労組が、全職場を対象にした春闘に向けた闘い、拠点労組としての飛躍が問われていると報告しました。全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部は急きょ闘争が入り、発言は別の機会となりましたが、関西生コン支部ゼネスト支持、国家権力と在特会による関生襲撃を弾劾する決議をあげました。全国金属機械労組港合同の中村吉政委員長が、「橋下徹の不当労働行為、支配介入を追求する闘いは今も続いているが、その根底にあるのは国鉄闘争であり、大きな成果をつかんでいる。労働組合が前に立って闘うことで戦争を止められる」と力強く発言しました。最後に動労西日本の橘日出夫さんが「ゼネストをたぐり寄せ、数千万の労働者の決起を作ろう」とまとめ、集会を締めくくりました。


トラックバックURL : https://doronishi.exblog.jp/tb/26511291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by doro-nishi | 2018-02-16 22:22 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)