6月28日、改憲・戦争阻止!大行進岡山が、陸上自衛隊日本原演習場での米海兵隊単独訓練受け入れ撤回の申し入れを、奈義町と津山市に対しておこないました。

6月28日、改憲・戦争阻止!大行進岡山が、陸上自衛隊日本原演習場での米海兵隊単独訓練受け入れ撤回の申し入れを、奈義町と津山市に対しておこないました。労働組合岡山マスカットユニオンの書面もあわせて提出しました。山陽放送(RSK)が当日夕方のニュースで報道し、山陽新聞と朝日新聞と津山朝日新聞が取材してくれました。

d0155415_20503948.jpg


d0155415_20504341.jpg


日本原演習場における米海兵隊単独訓練に反対する申し入れ


報道によれば、津山市と奈義町は、両市町にまたがる陸上自衛隊日本原演習場での単独訓練実施を米海兵隊から打診されていることについて、受け入れに当たっての覚書を、海兵隊との仲介役の中国四国防衛局と6月29日に締結するとのこと。


中国山地は地形が朝鮮半島に似ており、1950年の朝鮮戦争時に日本原が演習場に使用されたといわれています。日本原での米海兵隊訓練は、朝鮮半島で侵略戦争をするためのものです。米海兵隊は、世界各地の戦場への「殴り込み」が主要な任務です。演習場を提供すること自体、アメリカの留まることのない侵略戦争に協力することです。


先ごろおこなわれた米朝首脳会談は、南北朝鮮人民の望む祖国統一や東アジアの平和に寄与するものではありません。アメリカの側では第二次朝鮮戦争という選択肢を放棄しているわけではありません。1950年に始まった朝鮮戦争では数百万人もの人間が命を失いました。再度の朝鮮戦争になれば、東アジアで数千万人の労働者階級人民が死ぬことは確実です。


私たちは改めて陸上自衛隊日本原演習場での米海兵隊訓練受け入れを撤回するよう、以下のことを強く要請します。


1、米海兵隊単独訓練の日本原演習場使用の受け入れを撤回すること。


2、日米共同訓練での日本原演習場使用を拒否すること。


3、自衛隊、防衛省の関係からの補助金を受け取らないこと。


以上


トラックバックURL : https://doronishi.exblog.jp/tb/26969391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by doro-nishi | 2018-06-28 20:45 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)