安芸太田町議会議員の大江さんから動労西日本9・10ストライキへ連帯メッセージが寄せられました

五日市駅前でのストライキ突入集会で紹介しました。

動労西日本 9・10ストライキ 連帯メッセージ
 
私は、安芸太田町町会議員の大江です。
ローカル線切り捨て絶対反対!ただ働き強制直ちに止めろ!改憲・戦争に向けた組合破壊粉砕!労働者の怒りと誇りをかけたストライキに連帯します。

全国でローカル線廃止の嵐が吹き荒れています。JR資本は、利用者の減少・収益悪化・設備維持の困難、そして災害による被害を表向きの理由として、実際は、利益のみを追求し、公共交通としての社会的責任を放棄して、強引に、労働者・民衆の無くてはならない交通手段を奪おうとしています。

安芸太田町も15年前、広島駅から三段峡まで路線のうち、利益の上がる可部駅までを残して、可部駅以西が廃止されました。多くの住民が、そして可部線を愛する全国の鉄道ファンが廃線反対の声を上げましたが、JRは一切聞き入れませんでした。鉄道が廃止になって高齢者や、通学に利用していた学生は交通手段の確保に苦慮しました。観光地もおとずれる観光客が減少しました。鉄路と共に町が切り捨てられたと感じます。

そして今、安芸太田町は、老朽化したトンネル・橋梁等の撤去にかかる莫大な費用に苦慮しています。JRほどの大企業が、廃線の後始末を小さな町に押し付けているのです。どこまで地方を痛めるのかと怒り心頭です。

JRの利潤追求は、労働者の働かせ方にも表れています。あらゆる資本は常に労働者が生み出した価値から上前をはねていますが、このようなただ働きは全くの論外です。絶対に許してはいけません。

労働組合破壊、労働者切り捨て・ローカル線切り捨て・地方切り捨て、貧困、そして改憲・戦争の根源は同じ、すべてを、利潤を出すための手段とする、利益が上がらなければ冷酷に切り捨てる、あくどい資本主義体制です。

今、9月定例議会の最中です。私の仲間は、安芸太田町議会に対し、『改憲反対』を決議し、国及び関係機関に提出する要望書を提出しました。また、私は、一般質問で、町長に対し、改憲に自治体の長自ら反対していくべきではないかと問い質しました。

改憲・戦争阻止へ共に闘いましょう。
この体制に対し皆の怒りを結集し、私たちが会社や地域を回す主体となり、真っ当な社会に変えていきましょう!!
ストライキに連帯しましょう。

以上


トラックバックURL : https://doronishi.exblog.jp/tb/27099931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by doro-nishi | 2018-09-10 15:30 | その他 | Trackback | Comments(0)