人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本部情報号外

以下のリンクから、PDFファイルでダウンロードできます。

5月18日、入管法改悪を阻止したぞ!
この力で改憲国民投票法改悪を阻止しよう

「外国人は煮て食おうと焼いて食おうと自由」という悪法=入管法改悪案を、5月18日、政府が取り下げる方針が決まりました。入管収容所でスリランカ人女性が虐殺されたことへの労働者民衆の怒りにおいつめられたのです。ある合同労組に結集する外国人労働者は、顔をさらして抗議したら強制退去されるかもしれない緊張関係の中で、連日、国会前にかけつけ座り込みました。こうした大衆的な実力闘争が法案をぶっとばしたのです。この闘いに連帯して、戦争国家づくりのための悪法を国会で通そうとする菅政権を打倒しよう。焦点は改憲のための手続法である国民投票法改定案です。6月16日会期末までに参議院での可決・成立が狙われています。コロナ危機で多くの人々の命を危険にさらしながら、改憲と戦争へと突き進む菅政権を許すな!職場・地域から反撃していこう!


コロナ・改憲・戦争の下で『労組なき社会』づくりが進む

このコロナ・改憲・戦争の危機の中で、JRで激しい大合理化と組合つぶしの大攻撃がかけられています。JR旅客6社の昨年度の赤字は1兆円を超えています。その圧力の下で、JR東日本を先頭にして「労働組合のない社会」づくりを推し進めようというのです。JR北海道・JR四国では「再国有化」ともいうべき、再建支援の枠組みを変える攻撃が進められています。青函トンネルや本四連絡橋の維持費などを国が支払うというのです。これは鉄道再建のためではありません。国家権力の力で鉄道事業をなくしていく廃線化攻撃の始まりです。


JR東日本の大リストラは全国・全産別へ拡大する!

JR東日本は今春闘で、ベアゼロのみならずJR7社で唯一、定期昇給を止めました。さらにワンマン化で車掌を出勤予備または自宅待機にして、地上勤務にしています。業務指示したその日から出勤するな、というのは解雇を視野に入れた攻撃です。CTS(千葉鉄道サービス)では就業規則を改悪して「仕事を覚えるな。非正規は一生非正規。技能・資格など関係ない」と非正規であり続けることを強制し、会社の都合で就業規則で解雇にしようとしています。またジョブローテーションによって「単なる労働力の移動」として乗務員を駅に配転しようとしています。労働者の仕事に対する誇り、生きがいや働く仲間の権利意識を否定し解体する攻撃です。絶対許せません。


JR西日本でも攻撃が始まった、団結して立ち向かおう

JR西日本の長谷川一明社長は、コロナ情勢を使い「合理化を10年前倒しでやる」と宣言しています。コロナ赤字2332億円を振りかざして、700億円のコストカット・人員削減・雇い止めー解雇攻撃をかけてきています。冬夏2期連続のボーナス大幅賃下げ、一時帰休を延長し常態化して、契約社員制度の廃止やJR本体での60才定年再雇用までなくそうとしています。その上に業務を奪う攻撃として、グループ会社の大再編が狙われているのです。動労西日本は、「玉突き解雇反対!契約社員・非正規職を無条件で無期転換せよ!大阪・広島でのメンテック闘争に勝利しよう!ローカル線切り捨て許すな、芸備線での駅無人化絶対反対!」でたたかいます。すべてのJRで働く仲間は動労西日本で共にたたかおう!


コロナを使って改憲するな!今こそ必要、労働組合

本部情報号外_d0155415_19014901.jpg

トラックバックURL : https://doronishi.exblog.jp/tb/28622325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by doro-nishi | 2021-05-29 19:30 | 本部情報 | Trackback | Comments(0)