カテゴリ:活動報告( 1101 )

3月1日、動労西日本は山陰本線福知山駅で18春闘第1波ストライキを決行した。福知山駅信号所で勤務する原田隆司近畿支部長が、職場の労働者の「要員を増やしてほしい」という切実な要求を実現するため、指名ストライキに立った。ストライキは「福知山駅に必要な要員を確保せよ!」「JR・関連会社問わず一律10万円の大幅賃上げを!」「契約社員制度を廃止し全員を正社員に!」を掲げて闘われた。

午前8時5分、原田近畿支部長がストライキに突入!

d0155415_15175722.jpg

JR西日本福知山支社前でのストライキ突入集会には、動労西日本近畿支部の組合員を先頭に、関西から約30人の仲間が駆けつけた。

東元・会計監査委員の司会で午前8時5分からストライキ突入集会を開始した。冒頭、大江照己委員長が、新幹線台車事故へのJR西日本の対応と、三江線廃止への怒りをたたきつけた。ストライキに立った原田支部長は決意表明で「職場の仲間の意識が変わってきている。要員不足に怒りがあるが、これまではなかなか闘いにならなかった。しかし、今は1時間30分のストライキでも仲間を獲得する力がある。職場の仲間はストライキへの期待を次々に寄せてくれた。」と発言した。

d0155415_15180023.jpg

d0155415_15180598.jpg


京都府職労舞鶴支部長の長岡達也さんが国鉄分割・民営化と31年闘いぬいた動労西日本を激励し、京都府による大森靖之さんの解雇を撤回させる闘いの開始を宣言した。大阪市職の赤田由行さん、八尾北医療センター労組、奈良市従の労働者、関西合同労組、全国水平同盟、婦人民主クラブ全国協、北摂労組交流センター、神戸市の保育労働者、ユニオン自立、全国金属機械労組港合同の木下浩平執行委員の発言が続いた。


原田支部長が再度決意を述べ、山田和広書記長が午後からのJR西日本本社前行動と3月25日の改憲・戦争阻止大行進(東京都・日比谷)を提起した。集会の最後に、東会計監査委員がリードしてJR西日本福知山支社に怒りのシュプレヒコールをたたきつけた。


d0155415_15180717.jpg

d0155415_15180894.jpg

ストライキ前日の2月28日、JR西日本社長の来島達夫らが新幹線台車事故について記者会見した。川崎重工から納入された新幹線車両のうち101台で、台車の鋼材の厚さが基準以下だったが、「超音波検査の結果、強度に問題はない」ので、運行しながら順次、台車を交換するという。恐るべき安全無視だ。このJR西日本を徹底弾劾してストライキは打ち抜かれた。

午後1時、JR西日本本社前で抗議行動に立つ。

d0155415_17185520.jpg

d0155415_17185851.jpg

d0155415_17190112.jpg

d0155415_17190341.jpg

d0155415_17190476.jpg

by doro-nishi | 2018-03-01 15:26 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_12325957.jpg


 2月16日、大阪・浪速区民センターで国鉄全国運動・関西が主催する関西国鉄集会が150人の結集でかちとられました。この集会は、切迫する朝鮮侵略戦争を国鉄闘争のさらなる発展で阻止することを誓い合う重要なものとなりました。

 司会は八尾北医療センター労組の青年労働者がつとめました。基調報告を動労西日本近畿支部長の原田隆司さんがおこない、国鉄闘争を基軸に2018年に人類史をかけた決戦に突入することを宣言しました。原田さんは、「戦争・改憲を阻止し続けているのが、国鉄分割民営化絶対反対の闘いであり、連合崩壊情勢をつくり出しているのも国鉄闘争の地平です。安倍政権はそれをひっくり返すために動労総連合の組織破壊攻撃を仕掛けてきています。こことの対決が第3の分割・民営化攻撃、すなわち全面外注化と総非正規化攻撃との攻防として18年は鮮明になってきています。また、国家に不当労働行為を認めさせた地平で1047協議会が結成され、解雇撤回署名は安倍・トランプをぶっとばす力強い国鉄闘争として発展しています。関西の闘いとして、動労西日本が出向・転籍攻撃と闘い勝利しているからこそ、JR資本との力関係の激変を創出し、展望を切り開いています。」と提起しました。動労西日本の東元さんが、福知山・広島と2波にわたる春闘ストライキへの決意を打ち出しました。

 続いて決意表明です。関西合同労組からは黒瀬博匡委員長と中川いくこ泉州支部書記長が登壇し、中川さんは5月泉佐野市議選勝利に向けて熱烈なアピールを発しました。大阪市職の労働者からは、この間の大阪現業集会でつかんだ、労働者は民営化に怒り決起していることが報告されました。高槻医療福祉労組が、全職場を対象にした春闘に向けた闘い、拠点労組としての飛躍が問われていると報告しました。全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部は急きょ闘争が入り、発言は別の機会となりましたが、関西生コン支部ゼネスト支持、国家権力と在特会による関生襲撃を弾劾する決議をあげました。全国金属機械労組港合同の中村吉政委員長が、「橋下徹の不当労働行為、支配介入を追求する闘いは今も続いているが、その根底にあるのは国鉄闘争であり、大きな成果をつかんでいる。労働組合が前に立って闘うことで戦争を止められる」と力強く発言しました。最後に動労西日本の橘日出夫さんが「ゼネストをたぐり寄せ、数千万の労働者の決起を作ろう」とまとめ、集会を締めくくりました。


by doro-nishi | 2018-02-16 22:22 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_11144572.jpg


2月11日、1969年の奈義町議会による「大日本帝国憲法復元決議」に抗議して、紀元節粉砕を掲げて毎年おこなわれてきた日本原基地撤去闘争に参加した。


d0155415_11145101.jpg



d0155415_11145378.jpg


d0155415_11145628.jpg




d0155415_11145882.jpg

午前11時、地元農民の鷲田正見さんの田んぼで、自治労・日教組など日本原共闘会議が主催する集会に300人が集まった。現地から内藤秀之さんが「米軍単独訓練反対の立場から、池の管理のための通行や、入会(いりあい)による薪炭の伐採など、生活が損なわれることないように申し入れた。今年も、演習場内のサツマイモの植え付けを行う。自衛隊を明記する改憲は、演習場の拡張のために旧陸軍のように強制買収が行われ、訓練を受けた多くの軍人が多数の他国民を殺害することになる。二度と戦争をしてはいけないと演習場返還を求めてきた」と報告し、戦争反対を訴える集会アピールが採択された。




d0155415_11163840.jpg


集会後、「改憲・戦争阻止大行進岡山(準備会)」が呼びかける約30人が、陸上自衛隊日本原駐屯地正門までデモ行進した。



d0155415_11164028.jpg

午後からの現地調査では、演習場内に入り、地元宮内部落の民有地である池と公会堂の前で小集会を行った。自治労倉敷の百本敏昭委員長の「自民党大会での改憲案をゆるすな。改憲・戦争阻止3・25日比谷野音に集まろう」という呼びかけに続き、山陰の仲間からトランプの「核戦略見直し」を弾劾し、核戦争を阻止しようというアピールが発せられた。最後に、海兵隊の演習阻止、日本原基地撤去のシュプレヒコールをあげた。


日本原闘争を闘ってこられた鷲田正見さんは、2月11日夜に逝去されました。心よりお悔やみ申し上げます。

by doro-nishi | 2018-02-15 11:39 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

d0155415_10001993.jpg


2月8日、岡山大学に対し、百万人署名運動・岡山県連絡会代表の野田隆三郎岡山大学名誉教授を先頭に約20人で、大学の軍事研究に抗議する申し入れ行動を行った。防衛装備庁が助成金を出す軍事研究に岡山大学が応募し採択されたことに対し、研究の中止を求める申し入れ書と質問書を提出した。朝日、山陽2紙が記事にしてくれた。


野田名誉教授は軍学共同反対連絡会の共同代表として、槙野博史学長宛ての軍事研究中止の申し入れ書と公開質問書を読み上げ、岡山大学の古川友和研究交流企画課長へ手渡した。野田代表は、「防衛装備庁の公募に岡山大学が応募することは、学問研究の軍事協力を推進し、先の大戦後、軍事研究との決別を誓った科学者たちの痛切な反省を無にするものだ。」と訴えた。ところが古川課長は、「研究への応募については、民生研究だから支障ないと考えています。」というふざけた対応だった。


岡山大学医学部職員組合の矢田範夫さん、労働組合岡山マスカットユニオンの片山貴夫副委員長、動労西日本の山田和広書記長ほか、参加者全員がそれぞれ意見を述べた。「731部隊のように、もう一度戦争に協力するのか。」「戦争絶対反対!」「教え子を戦場に送るな!」「軍事研究に加担するな!」「軍事研究を中止するまで何度でも行動します。」など怒りの声が叩きつけられた。


by doro-nishi | 2018-02-08 22:56 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

 1月21日、広島市東区民文化センターで第12回定期大会を開催し、青年労働者と団結して第3の分割・民営化、戦争・改憲攻撃と対決する闘いの方針を決定しました。

d0155415_13075095.jpg


 議長に鷲見貢(すみみつぎ)米子支部長を選出し、動労総連合各単組・労働組合岡山マスカットユニオン・徳島医療福祉労働組合・新川登茂宣(しんかわとものり)弁護士からのメッセージが紹介されました。続いて、広島連帯ユニオンの壹貫田康博(いっかんだやすひろ)書記長が、「動労西日本はJR職場の問題だけでなく全人民の課題を闘っている。ジェイアール西日本広島メンテック新幹線営業所は車両清掃に携わる元木康亮(もときやすあき)組合員を解雇したが、これは非正規職は組合をつくるなという支配階級の意思だ。組合員全員が闘う組合をつくろう。3・25改憲・戦争阻止大行進を爆発させよう。」と訴えました。


d0155415_13095788.jpg


 経過報告に立った大江照己(おおえてるみ)委員長は、JR西日本の来島達夫(きじまたつお)社長を弾劾し、「新幹線事故を始め各職場で安全問題が目に見える形で噴出している。尼崎事故を絶対に許さない。隣の労働者に呼びかけて自分の職場で闘いをやろう。8・5反戦世界集会を動労西日本が牽引(けんいん)する。労働者の思いを実現できる政党をつくろう。」と呼びかけ、五日市駅での始業時間前タダ働き(無賃労働)撤廃闘争について、「職場の労働者が時間外労働をしちゃいけないという意識になり、青年の決起が始まった。労基署に始業時間前タダ働きを申告し、さらなる闘いを展開する」と述べました。


d0155415_13091868.jpg


 山田和広(やまだかずひろ)書記長が運動方針を提起しました。討論では、除雪作業の安全問題を追及してきた原田隆司(はらだたかし)近畿支部長が、「もっと要員を増やさないといけない。新幹線事故は国鉄分割・民営化によるもので、新幹線を誰も止められない構造にした。ローカル線は故障してから修理すればいいというJRを許さない。」と決意を示しました。東元(あずまはじめ)会計監査委員が、ストライキで外注会社への出向を止めた地平を語りました。中西剛(なかにしつよし)副委員長は、「尼崎事故でメンタルヘルスになった社員が大勢いるが、働き続けることのできる職場環境をJRに強制する。」と表明しました。元木組合員は、「同期入社した人が全員辞めた。新幹線事故で安全問題を訴えたら解雇するなど許せない。非正規職を切り捨てるJR資本を打倒する。」と解雇撤回闘争への闘志を燃え立たせました。


d0155415_13105676.jpg


 討論を受け、「三江線(さんこうせん)廃止反対の特別決議」を大江委員長が、「無実の星野文昭さん・大坂正明さんを取り戻す特別決議」を山田書記長が提起、大会宣言を岡崎昭夫(おかざきあきお)副委員長が提起し、満場の拍手で採択し、ストライキ権を確立しました。3・17ダイヤ改悪粉砕、五日市駅始業時間前タダ働き(無賃労働)撤廃闘争・広島印刷事業所廃止弾劾闘争に勝ち抜き、ジェイアール西日本広島メンテック新幹線営業所による元木組合員の解雇を撤回させる闘争を全力で闘いぬこう。動労総連合の組織拡大へ!


d0155415_13105875.jpg



大会終了後、動労西日本組合員と地域の仲間が交流会をおこない、団結をかためました。


d0155415_13210267.jpg

特別決議と大会宣言は、以下のリンクから、PDFファイルでダウンロードできます。

三江線廃止反対の特別決議

無実の星野文昭さん・大坂正明さんを取り戻す特別決議

大会宣言

by doro-nishi | 2018-01-26 13:26 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

詳報は改めて掲載します。

今大会には、全部で14通のメッセージをお寄せいただきました。
国鉄千葉動力車労働組合・田中委員長、国鉄水戸動力車労働組合、国鉄高崎動力車連帯労働組合、国鉄神奈川動力車労働組合・中村委員長、国鉄新潟動力車労働組合、国鉄東京動力車労働組合、国鉄北陸動力車労働組合・出口委員長、国鉄福島動力車労働組合・橋本委員長、国鉄福島動力車労働組合宮城県支部・金子委員長、国鉄九州動力車労働組合・羽廣委員長、動労総連合1047協議会代表・小玉様、労働組合岡山マスカットユニオン・清水委員長、徳島医療福祉労働組合・元木委員長、新川登茂宣弁護士からメッセージをいただきました。

共に闘う仲間を代表して、広島連帯ユニオンの壹貫田書記長から連帯挨拶をいただきました。

みなさま、ありがとうございます。

なお、特別決議として、「三江線廃止反対の決議」と「無実の星野文昭さん・大坂正明さんを取り戻す決議」が採択されました。

d0155415_03332565.jpg



d0155415_03332854.jpg

by doro-nishi | 2018-01-21 23:32 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)